ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

轟の王ハール【効果の発動を無効】

dandeです。

 

今回は、《轟の王ハール》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《轟の王ハール》】

 

 

f:id:dandee:20200117003423j:plain

効果モンスター
星9/闇属性/魔法使い族/攻3000/守3000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「轟の王 ハール」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
(3):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは魔法使い族モンスターを合計2体リリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

新たな【王】。

 

(2)効果は、相手にドローさせながら戦う【王】のテーマに沿った効果です。

 

対象を取ることなく、プレイヤーに選ばせるという最も強い形式。

 

《永の王オルムガンド》のドロー効果が、明確なメリットになりますね。

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/地属性/爬虫類族/攻   ?/守   ?
レベル9モンスター×2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「永の王 オルムガンド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×1000になる。
(3):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いは、それぞれデッキから1枚ドローする。
その後、ドローしたプレイヤーは自身の手札・フィールドのカードを1枚選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。 

 

 

【効果の発動を無効】

 

 

《轟の王ハール》の(3)効果は、魔法・罠・モンスターの効果を無効にする優秀な効果。

 

リリースコストは、《王の舞台》で生成されるジェネレイドトークンで問題ないでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

これまで除去効果が中心だった【王】にも、ついに制圧系モンスターが与えられたことになります。

もちろん《王の舞台》が除去されるのを防ぐ役割も。

 

《王の影ロプトル》とともに、新しい【王】デッキの象徴となりそうですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。

リンクロス【シンクロ召喚は加速する】

dandeです。

 

今回は、《リンクロス》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《リンクロス》】

 

 

f:id:dandee:20200117210056j:plain

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻 900
【リンクマーカー:下】
リンク2以上のリンクモンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。

 

【リンク2】以上のリンクモンスターを素材とする【リンク1】。

リンク値が下がる珍しいリンクモンスターです。

 

《グラビティ・コントローラー》と合わせれば、EXゾーンのあらゆるモンスターをリンク素材にできるようになりましたね。

 

dandee.hatenablog.com

 

《グラビティ・コントローラー》とは異なり、《リンクロス》自身には、リンク素材にできない制約はないので、後述のとおり、ソリティア展開に活用されることになります。

 

 

シンクロ召喚は加速する】

 

 

以前、【シンクロ召喚は加速する】というタイトルで紹介したのが《幻獣機アウローラドン

トークンを3体生成するという強烈な効果をもち、数々のシンクロ展開が開発されました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《幻獣機アウローラドン》は、効果使用後にリンク召喚ができなくなるという制約がありましたが、《リンクロス》にはありません。

 

《リンクロス》の効果で生成されるトークンがリンク素材にできないだけなので、リリース・融合・シンクロの素材に使えば、あとは自由ということです。

 

このせいで、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダのような締めに使われるリンクモンスターと共存できる、という悲劇が起きました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《リンクロス》を使った展開のうち、最もメジャーな展開と言えるのは、《武力の軍奏》+《幻獣機オライオン》を絡めた連続シンクロ でしょう。

これを使った展開の一例は、↓↓ の記事を参照ください。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ただし、この展開は《水晶機巧-ハリファイバー》を起点としているので、《水晶機巧-ハリファイバー》が禁止カードになってしまうと不可能になります。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

4月のマスタールール改定とともに禁止カードになるだろうと予想される《水晶機巧-ハリファイバー》。

皮肉なことに、10期最後のパックで登場した《リンクロス》が、それを後押ししてしまうこととなりました。

 

もし禁止指定されてしまったら、《聖騎士の追想ゾルデ》など、チューナーをリクルートしてこれるリンクモンスターで代用しましょう。

 

ではでは。