ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

プランキッズ・ロック 【風林火山】

 

遊戯王/第10期/07弾/SAST-JP022 プランキッズ・ロック
 

 

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1500/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「プランキッズ」モンスターの、融合素材またはリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の手札を1枚除外し、自分はデッキから1枚ドローする。
その後、手札・デッキから「プランキッズ・ロック」以外の「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる。

 

dandeです。

 

こんなに早く新規がくるとは思いませんでした。やはりデッキビルドパックの出世頭は【プランキッズ】のようです。

 

【プランキッズ】については、以前にもたびたび取り上げました。 

 

↓↓は、勇み足で構築したボツ案。 


 

【プランキッズ】で主に弱点とされてきたのは、リソースの枯渇です。

 

《プランキッズ・プランク》《プランキッズの大作戦》で墓地回収の手段が増えたといっても、下級プランキッズを初手に引けない事故は、相変わらず厳しいものがありました。

そこを補うのが《簡易融合》であり、はたまた【サンダー・ドラゴン】との混合であったわけです。

大会で結果を残している構築を見ても、その方向性が見られます。

 

そんな中で登場した《プランキッズ・ロック》ですが、その効果は1:1の手札交換。手札1枚を除外します。

【プランキッズ】の主な動きは、手札融合と墓地利用であるため、除外ギミックとの相性は良くありません。

公式としては、【サンダー・ドラゴン】との混合型を後押ししていきたいということでしょうか。

ちなみに、【召喚獣】との混合型であれば、手札の《召喚士アレイスター》を除外して《召喚魔術》で回収するというささやかなシナジーがありますが、これはほぼ利用価値がないでしょう。

 

今後の【プランキッズ】は、下級4種で動くため、初手で《プランキッズ・ロケット》を融合召喚したときに、効果未使用の下級プランキッズが2体SSされるため、《プランキッズ・ドゥードゥル》+下級プランキッズ4種類を並べることができますね。

 

下級プランキッズの属性は、「風・水・炎・地」です。

そう、《風林火山》が使えますね。 

通常罠
(1):風・水・炎・地属性モンスターがフィールドに全て存在する場合に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
●相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
●相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
●相手の手札をランダムに2枚選んで捨てる。
●自分はデッキから2枚ドローする。 

 

実用性?

知らんよ、そんなこと。

 

《プランキッズ・ハウスバトラー》《プランキッズ・ロアゴン》と役割被ってんぞって?

知ってるよ、そんなこと。

 

 

最後に、今回、新規の下級プランキッズがきたということは、融合 or リンクのプランキッズが登場することは間違いないと思われます。

 

続報を首を長くして待ちたいと思います。

 

ではでは。