ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

デストロイ・ドラゴン 【破壊輪】

融合・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2000/守3000
このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールドの「破壊輪」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、破壊したカードがモンスターカードだった場合、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

dandeです。

 

今回は、9月8日発売予定のエクストラパック2018に収録予定のカードを紹介します。

 

新たな《クリティウスの牙》対応の融合モンスターです。

素材となるのは《破壊輪》。

今更ですが、《破壊輪》ってまだ制限カードだったんですね。

 

《デストロイ・ドラゴン》を見てまず思うことは、《破壊輪》のサーチ手段がないということ。

《ミラーフォース・ドラゴン》《デス・ウイルス・ドラゴン》のときに使えた《トラップトリック》が、ここでは使えません。

さらには、効果も小粒で、《デス・ウイルス・ドラゴン》と比べてみても見劣りします。この辺りの感じ方は個人差があると思いますが。

 

融合・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1900/守1500
このカードは「クリティウスの牙」の効果で
自分の手札・フィールドの「死のデッキ破壊ウイルス」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。 

 

なお、《ミラーフォース・ドラゴン》については、以前デッキを組んでいます。 


 

その窮状を察してか、同パックに《破壊輪廻》が収録されます。

 

永続罠
(1):このカードは魔法&罠ゾーンに存在する限り、カード名を「破壊輪」として扱う。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスターが効果で破壊された場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、お互いに500ダメージを受ける。 

 

ただ、残念なのが永続罠であること。なぜ通常罠にしなかったのか。

《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》のサポートが受けられず、《ブービートラップE》ぐらいしかサポートがありません。

 

《破壊輪廻》の効果は、他のカードと連携する必要があり、単独では機能しないため、【炎王】などと合わせる必要があるでしょう。

 

今のところ、デッキ案が浮かびませんが、10月の制限改定で《破壊輪》が準制限あるいは制限解除になることを祈りつつ、考えていきたいと思います。

 

ではでは。