ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

書評 『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』 (立花岳志 著、サンマーク出版)

 

 目次

 

 

 

dandeです。

 

たまたま書店で見かけ、ざっと立ち読みした後に購入。

ブログを始めたばかりの自分にとって、ブログ継続を後押ししてくれる本でした。

 

【「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる】

 

 

【総評】

 

小手先のアクセス向上テクニックに終始せず、ブログを書く際のマインドにもしっかり言及した良書。

 

【主な内容】

 

・情報発信することの重要性

・ブログという媒体の優位性

・他のSNSとの連動

・ブログを書くにあたっての心構え

・自分をブランド化する方法

 

その後のアクセスアップに向けた取り組み方についても、順を追って説明されており、ブログ初心者にもわかりやすくまとめられていました。

セミナー開催、メルマガ配信、著書出版ぐらいまで行くと、自分の影響力を意識するようになりそうです。

 

【印象に残った言葉】

 

・ 『ブログ記事はたとえ書いてから時間がたっても、それが多くの人が知りたい情報である限り、検索サービスを経由して読まれつづけるため、記事数が増えれば増えるほど多くの人に読まれる「ストック型」メディアと位置付けられています。』

 ブログが他のSNSよりも優れている理由として、「ブログは記事ごとにURLと呼ばれる固有のアドレスを持ち、GoogleYahoo!などの検索サービスの検索対象になること」を挙げています。

 基本的なことなんですが、忘れがちなことかもしれません。

 Google アナリティクスやらGoogle Search Console やらでアクセス解析をしていると、過去に書いた記事にも多くの検索流入があることがわかります。どのような形であれ、自分の書いたものが世に残る感覚は、なかなか味わえるものではありません。

 

・「質や量を犠牲にしてでも更新頻度は死守せよ!」

 先のお盆に更新をさぼってしまい、アクセス数が半減した私にはタイムリーな言葉でした。それを差し置いても、大事な心構えだと思います。「ブログは筋トレ」だから「書かないと、どんどん書けなくなる」という例えもわかりやすい。

 

・「損得勘定でブログを書かない」

 綺麗事のように思えるかもしれませんが、これは真理なんだろうと思います。このブログも、遊戯王・株・本が「好き」だからやれている訳で、アクセスアップのために興味の外にある内容を書くようになれば、恐らく続かないでしょう。

 

・『影響力は、21世紀においては「金よりも武器よりも強い」と僕は考えます。』

 結局、ここに行き着くんですよね。

 先日の書評で取り上げた本にも書かれていましたが、今の潮流と言える考え方だと思います。この本にも「ブランド人」というワードが出てきますね。dandee.hatenablog.com

 

【まとめ】

 

とにかく毎日ブログ書くよ!

 

ではでは。