ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

転生炎獣ベイルリンクス 【ワンキルのお供】

【スポンサーリンク】

dandeです。

 

12月8日発売予定のストラクチャーデッキ-ソウルバーナーで、《転生炎獣ベイルリンクス》が収録されます。

 

 

  目次

 

 

【《転生炎獣ベイルリンクス》】

 

 

 

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。 

 

【転生炎獣】待望のリンク1であり、【転生炎獣】デッキの強化に繋がることは間違いないでしょう。

《転生炎獣Jジャガー》の効果が、さらに使いやすくなりますね。

 

 

【ワンキルのお供】

 

 

 

このカードの真価は、【転生炎獣】が手札になくても《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》を融合召喚できるようになったという点にあります。

 

具体的な展開ルートは、こちらの記事を参照してください。
《ドットスケーパー》1枚から、すべてが始まります。 

dandee.hatenablog.com

 

上記の記事にあるとおり、《転生炎獣ベイルリンクス》は素材指定が緩く、【サイバース族】デッキであれば、リンク召喚できます。

【サイバース族】には、自身をSSする効果を持っているカードが多く、サーチ・蘇生も得意なので、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の融合召喚に繋げることは容易でしょう。

 

今後、【転生炎獣】は、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》を主軸としたデッキになっていくと思われ、【サイバース族】のギミックを取り入れることで、デッキパワーがさらに高まりますね。

 

 

【《転生炎獣の聖域》】

 

 

 

《転生炎獣ベイルリンクス》は、《転生炎獣の聖域》をサーチする効果を持っています。
 

《転生炎獣の聖域》
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分が「サラマングレイト」リンクモンスターをリンク召喚する場合、自分フィールドの同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。
(2):自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。 

 

《転生炎獣の聖域》は、転生リンク召喚のためのキーカードであり、手札消費の多い【転生炎獣】には貴重な存在ですが、初手に2~3枚くると困るという扱いの難しいカードでした。

 

その扱いづらさが、《転生炎獣ベイルリンクス》の登場で、やや軽減されたと思います。

EXデッキのモンスターで簡単にサーチできるのであれば、1~2枚の採用でも十分機能するからです。

 

また、新たな展開ルートとして、《転生炎獣フォクシー》の重要性が上がりました。

 

効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1000/守1200
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「サラマングレイト」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードはデッキに戻す。
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに表側表示の魔法・罠カードが存在する場合、手札から「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 

《転生炎獣フォクシー》1体で《転生炎獣ベイルリンクス》をリンク召喚し、《転生炎獣の聖域》をサーチして発動すれば、《転生炎獣フォクシー》の(2)効果の発動条件が整います。

つまり、《転生炎獣ミーア》+《転生炎獣ファルコ》のコンボと同じ消費数でフィールドに2体の【転生炎獣】を並べられます。

 

2体の【転生炎獣】が並べば、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の融合召喚に繋げられることは、上記の記事のとおりです。

 

 

【まとめ】

 

 

 

ストラクチャーデッキの登場で期待が膨らむ【転生炎獣】ですが、《転生炎獣ベイルリンクス》は、【転生炎獣】の構築を大きく変えるカードになりました。

 

これからどんな新規カードが現れるかはわかりませんが、超絶強化がくることを期待して12月を待ちましょう。

 

ではでは。