ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

炎星仙-ワシンジン 【4軸炎星の大幅強化】

dandeです。

 

今回は、11月23日発売予定のリンクヴレインズパック2に収録される《炎星仙-ワシンジン》を取り上げます。

 

【炎星】の強化は、約5年ぶり。

その効果も【炎星】に寄り添った効果となっており、使い手にとっても満足のいくものになっていると思います。

 

【炎星】のデッキタイプには、【4軸炎星】と【3軸炎星】の2種類があり、その戦術は異なっています。

以下では、それぞれのデッキタイプにおける《炎星仙-ワシンジン》の使い方を書いていきます。

 

 

  目次

 

 

【《炎星仙-ワシンジン》】

 

  

f:id:dandee:20191108150112j:plain

 リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1700
【リンクマーカー:左下/右下】
獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙-ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び「炎舞」カードを墓地へ送らずに効果を発動する事もできる。
(2):自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。

 

 

【展開の起点・《炎星候-ホウシン》】

 

  

《炎星仙-ワシンジン》の効果で最も重要なのは、(1)効果による後続確保ができる点だと思います。

 

炎舞をコストにする【炎星】はいくつかありますが、中でも強力なのは《立炎星-トウケイ》でしょう。 

 

 

効果モンスター
星3/炎属性/獣戦士族/攻1500/守 100
このカードが「炎星」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、デッキから「炎星」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
「立炎星-トウケイ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールド上にセットする。

 

主に【3軸炎星】で使われるこのカードですが、炎星と炎舞をサーチする効果を持っており、非常に強力です。

《炎星仙-ワシンジン》の登場で、コストなしでデッキから炎舞をセットできるようになりました。

 

この《立炎星-トウケイ》をSSするために必要なのが《炎星候-ホウシン》です。 

 

 

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2200/守2200
炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。 

 

このカードは、【3軸炎星】では主に《炎星師-チョウテン》から、【4軸炎星】では《レッド・リゾネーター》からS召喚に繋がります。

 

 

 

【リンク召喚を補助する獣戦士族】

  

 

《炎星仙-ワシンジン》のリンク素材は「獣戦士族モンスター2体」となっています。

SS効果持ちのモンスターを多数抱え、《炎舞-「天枢」》で召喚権を増やせる【炎星】であれば、特に問題なくリンク召喚できるでしょう。

 

ただ、《炎星仙-ワシンジン》は、他の【炎星】がいなければ、その効果を発揮できません。

 

ここでは、【炎星】モンスター1体以上を残しながらリンク召喚するために、SS効果持ちの獣戦士族モンスターをまとめておきます。

 

《カイザー・ブラッド・ヴォルス》

 

 

効果モンスター
星5/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊された場合に発動する。
このカードを破壊したモンスターの攻撃力は500ダウンする。

 

《炎舞-「天キ」》でサーチできないのが痛いですが、SSの条件が緩いです。

《ジェット・シンクロン》とで《炎星候-ホウシン》をS召喚できます。《幻創のミセラサウルス》からリクルートできる《ジュラック・アウロ》も採用候補ですね。

炎舞が1枚あれば2000打点になるので、《魔のデッキ破壊ウイルス》のコストにできるというコンボが懐かしい。

 

《TGワーウルフ

 

 

効果モンスター
星3/闇属性/獣戦士族/攻1200/守   0
(1):レベル4以下のモンスターが特殊召喚された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ワーウルフ」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

 

こちらは、まさに汎用。

《炎星師-チョウテン》や《灰流うらら》とで《炎星候-ホウシン》をS召喚できます。

 

《輪廻天狗》

  

  

効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻1700/守 600
(1):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
デッキから「輪廻天狗」1体を特殊召喚する。

 

緩い条件で後続を確保できる汎用モンスター。

《レッド・リゾネーター》とで《炎星候-ホウシン》をS召喚できます。 

 

 

【4軸炎星での活用法】

 

 

【4軸炎星】は、主に《微炎星-リュウシシン》で後続の炎舞を確保しながら、《暗炎星-ユウシ》《勇炎星-エンショウ》による炎舞をコストとした破壊効果を使いつつ、アド差を広げていくデッキタイプです。

 

《熱血獣士ウルフバーク》の登場で、《魁炎星王-ソウコ》のX召喚が容易になったので、さらにアド差を広げていくことができるようになりました。 

 

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/獣戦士族/攻2200/守1800
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードをエクシーズ召喚した時、デッキから「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚をセットできる。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、獣戦士族以外のフィールド上の全ての効果モンスターの効果を相手ターン終了時まで無効にする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、自分フィールド上の表側表示の「炎舞」と名のついた魔法・罠カード3枚を墓地へ送る事で、同じ攻撃力を持つレベル4以下の獣戦士族モンスター2体をデッキから守備表示で特殊召喚する。

 

《魁炎星王-ソウコ》の墓地へ送られた時の効果は、リンク召喚の素材にされた場合には、タイミングを逃すので発動できないことにご注意ください。

 

《炎王炎環》《暗炎星―ユウシ》などでタイミングを逃さないように墓地へ送ってやれば、《炎星仙-ワシンジン》の(1)効果により、ノーコストでデッキから2体の獣戦士族をSSできます。

 

また、《微炎星-リュウシシン》《暗炎星-ユウシ》《勇炎星-エンショウ》等の発動コストも踏み倒せるので、【4軸炎星】にとって、《炎星仙-ワシンジン》の(1)効果は非常に相性が良いと言えるでしょう。

 

《炎星仙-ワシンジン》の(2)効果についても、使用済みの《炎舞-「玉衝」》や《炎舞-「天旋」》を回収して再度発動できるので、打点を上げながらビートする【4軸炎星】とは相性が良いですね。

 

墓地に送る【炎星】は、《殺炎星-ブルキ》がよいでしょう。《炎星仙-ワシンジン》がいれば、ノーコストで墓地からSSできます。 

 

遊戯王 LTGY-JP029-N 《殺炎星-ブルキ》 Normal

遊戯王 LTGY-JP029-N 《殺炎星-ブルキ》 Normal

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1700/守1000
このカードが墓地に存在する場合、手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、「炎星」または「炎舞」と名のついたカードを合計2枚墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
「殺炎星-ブルキ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

《殺炎星-ブルキ》や《熱血獣士ウルフバーク》により、少ない消費で《炎星仙-ワシンジン》をリンク召喚できるのも【4軸炎星】の強さでしょう。

 

 《炎星仙―ワシンジン》は、これらにしっかり噛み合っており、【4軸炎星】の大幅強化に繋がったと言えますね。

 

 

【3軸炎星での活用法】

 

 

【3軸炎星】は、《炎星師-チョウテン》《立炎星-トウケイ》《速炎星-タイヒョウ》の3体で炎舞・炎星をサーチ・SSする爆発力を強みとするデッキタイプです。

《真炎の爆発》で大量展開ができるのも大きな強みですね。

 

上記の中で、炎舞をコストにして発動するモンスターは《立炎星-トウケイ》であり、前半に書いたとおり、《炎星候-ホウシン》に繋げて多くのアドが取れます。

 

《炎星候-ホウシン》+《立炎星-トウケイ》という場が【3軸炎星】の基本展開です。

その後、【獣戦士族】をもう1体出せば、《炎星仙-ワシンジン》+《立炎星-トウケイ》という場になります。そこから、《立炎星-トウケイ》の効果で、炎舞1枚を持ってくる、というのが今後の【3軸炎星】の基本ルートになりそうです。

 

《炎星仙-ワシンジン》の(2)効果については、《真炎の爆発》の蘇生対象を増やせるので、相性が良いですね。

 

 

【デッキレシピ・展開ルート】

 

 

デッキレシピ・展開ルートは、長くなってしまったので、別記事で紹介しました。

↓↓の記事を参照ください。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【まとめ】

 

 

《炎星仙-ワシンジン》についてまとめてみました。

 

コストを踏み倒す効果が強力で、【4軸炎星】の強化が目立ちますが、【3軸炎星】にとっても十分強力なカードになっています。

他テーマに悪用されづらい効果なので、規制の恐れが少ないことも高評価ですね。

 

ではでは。