ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

炎星 デッキ 【炎星仙-ワシンジン】

dandeです。

 

リンクヴレイズパック2で《炎星仙-ワシンジン》が登場したことで、【炎星】は新たな展開を見せることとなりました。

 

今回は、展開ルートとデッキレシピの紹介です。

  

 

  目次

 

 

【《炎星仙-ワシンジン》】

 

  

f:id:dandee:20191108150112j:plain

 

《炎星仙-ワシンジン》の情報が出た段階で、【炎星】の概要を含めて記事にまとめています。

今回採用する【獣戦士族】カードの紹介もしているので、先に目を通しておいてもらえると、この後の内容もわかりやすいのではないかと思います。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【《魁炎星王-ソウコ》+《炎王炎環》】

 

 

上記の記事でも書いたとおり、《魁炎星王-ソウコ》のリクルート効果は非常に強力ですが、リンク召喚の素材にするとタイミングを逃すので使えません。

そこで、《炎王炎環》による破壊が有効です。

 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの炎属性モンスター1体と自分の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
対象の自分フィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。

 

《炎王炎環》以外では、《暗炎星-ユウシ》も有力な1枚です。

 

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1200
1ターンに1度、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 

《炎星仙-ワシンジン》がいれば、コストなしで破壊効果を使えるので、自分フィールド上の《魁炎星王-ソウコ》を破壊できます。

 

 

《魁炎星王-ソウコ》でリクルートしたい【獣戦士族】の組み合わせは、次のとおり。

 

・《微炎星-リュウシシン》+《炎王獣ガネーシャ

・《殺炎星-ブルキ》+《輪廻天狗》

・《暗炎星-ユウシ》+《熱血獣士ウルフバーク》

・《立炎星-トウケイ》+《犬タウルス》

・《十二獣ヴァイパー》+《TG ワーウルフ

・《孤炎星-ロシシン》+《猛炎星-テンレイ》

・《英炎星-ホークエイ》+《捷炎星-セイヴン》

・《速炎星-タイヒョウ》+《スクラップ・ゴブリン》

 

最後の組み合わせは、《スクラップ・ワイバーン》の登場により、有力となった組み合わせですね。

 

 

《炎星候-ホウシン》をS召喚したターンは、《スクラップ・ゴーレム》が出せなくなるので十分な展開ができませんが、それ以外であれば強い動きができると思います。

 

 

【基本的な展開ルート】

 

 

【炎星】のデッキタイプには、【4軸炎星】と【3軸炎星】の2種類があるので、それぞれを分けて紹介していきます。

 

まず、どちらのデッキタイプでも重要になるのが、《炎星候-ホウシン》を絡めた展開です。

《炎星候-ホウシン》の効果で《立炎星-トウケイ》or《捷炎星-セイヴン》をSSする流れですね。

 

 

【4軸炎星】

  

・《レッド・リゾネーター》+レベル4モンスター+《TGワーウルフ

  

 《レッド・リゾネーター》を通常召喚し、効果で手札からレベル4モンスターをSS

⇒2体で《炎星候-ホウシン》をS召喚し、効果でデッキから《立炎星-トウケイ》をSS

⇒《TGワーウルフ》の効果で、自身をSS

⇒《立炎星-トウケイ》の効果で、デッキから《微炎星-リュウシシン》を手札に加える

⇒《炎星候-ホウシン》+《TGワーウルフ》の2体で《炎星仙-ワシンジン》をリンク召喚

⇒《立炎星-トウケイ》の効果で、デッキから《炎舞-「天枢」》をセット

⇒《炎舞-「天枢」》を発動し、《微炎星-リュウシシン》を召喚

⇒《炎星仙-ワシンジン》の(2)効果で、《炎舞-「天枢」》を手札に戻し、デッキから《殺炎星-ブルキ》を墓地へ送る

⇒《微炎星-リュウシシン》の効果で、墓地から《殺炎星-ブルキ》をSS

⇒《微炎星-リュウシシン》+《殺炎星-ブルキ》の2体で《魁炎星王-ソウコ》をX召喚し、効果でデッキから《炎舞-「天キ」》をセット 

 

《炎星仙-ワシンジン》《魁炎星王-ソウコ》《立炎星-トウケイ》の3体が並びます。(《殺炎星-ブルキ》《炎舞-「天キ」》の効果は未使用)

 

この時、手札に《炎王炎環》があれば、さらなる展開ができます。

 

 《魁炎星王-ソウコ》AのX素材(《微炎星-リュウシシン》A)を取り除き効果発動

⇒《炎王炎環》を発動し、《魁炎星王-ソウコ》Aを破壊して、墓地から《微炎星-リュウシシン》AをSS

⇒《魁炎星王-ソウコ》Aの効果で、デッキから《微炎星-リュウシシン》B+《炎王獣ガネーシャ》をSS

⇒《微炎星-リュウシシン》Aの効果で、墓地から《殺炎星-ブルキ》をSS

⇒《微炎星-リュウシシン》A+《殺炎星-ブルキ》の2体で《魁炎星王-ソウコ》BをX召喚

⇒《魁炎星王-ソウコ》BのX素材(《殺炎星-ブルキ》)を取り除き効果発動

⇒《微炎星-リュウシシン》Bの効果で《殺炎星-ブルキ》をSS

⇒《微炎星-リュウシシン》B+《殺炎星-ブルキ》の2体で《間炎星-コウカンショウ》をX召喚 

 

《炎星仙-ワシンジン》《魁炎星王-ソウコ》《間炎星-コウカンショウ》《炎王獣ガネーシャ》《立炎星-トウケイ》の5体が並びます。

墓地の《殺炎星-ブルキ》の効果も未使用なので、《ヴァレルソード・ドラゴン》も十分出せますね。

 

この《微炎星-リュウシシン》+《炎王獣ガネーシャ》の組み合わせが、1回無効つきで、最も強力でしょう。

《微炎星-リュウシシン》の効果は、同名ターン制限がないため、繰り返し使えるのも強いです。

 

 

また、レベル4モンスターが《輪廻天狗》の場合は、《立炎星ートウケイ》の【炎星】サーチ効果がタイミングを逃して発動できなくなることに注意です。

代わりに《捷炎星-セイヴン》をSSし、リンク召喚の素材とすれば炎舞をもってこれます。

 

・《レッド・リゾネーター》+《輪廻天狗》

 

 《レッド・リゾネーター》を通常召喚し、効果で手札から《輪廻天狗》をSS

⇒2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でデッキから《レッド・リゾネーター》をSS

⇒《輪廻天狗》の効果で、デッキから《輪廻天狗》をSS

⇒《レッド・リゾネーター》+《輪廻天狗》の2体で《炎星候-ホウシン》をS召喚し、効果で《捷炎星-セイヴン》をSS

⇒《輪廻天狗》の効果で、デッキから《輪廻天狗》をSS

⇒《捷炎星-セイヴン》+《輪廻天狗》の2体で、《炎星仙-ワシンジン》をリンク召喚

⇒《捷炎星-セイヴン》の効果で、デッキから《炎舞-「天枢」》をセットして発動

⇒《炎星仙-ワシンジン》の(2)効果で、《炎舞-「天枢」》を手札に戻し、デッキから 《殺炎星-ブルキ》を墓地へ送る

⇒《殺炎星-ブルキ》の効果で、墓地から自己再生

 

《水晶機巧-ハリファイバー》《炎星候-ホウシン》《炎星仙-ワシンジン》《殺炎星-ブルキ》の4体が並びます。

《炎舞-「天枢」》もサーチしているので、手札に【獣戦士族】があればさらなる展開が可能です。

 

相手ターンに《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《フォーミュラ・シンクロン》をSSすれば、《フォーミュラ・シンクロン》+《炎星候-ホウシン》の2体で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚することもできますね。

 

 

【3軸炎星】

 

・《速炎星-タイヒョウ》+《炎舞-「天キ」》

  

 《速炎星-タイヒョウ》を通常召喚し、効果で自身をリリースして、デッキから《炎舞-「天枢」》をセット

⇒《炎舞-「天キ」》を発動し、デッキから《炎星師-チョウテン》をサーチ

⇒セットされた《炎舞-「天枢」》を発動し、《炎星師-チョウテン》を召喚

⇒効果で墓地から《速炎星-タイヒョウ》をSS

⇒《炎星師-チョウテン》+《速炎星-タイヒョウ》の2体で《炎星候-ホウシン》をS召喚

⇒(以下、【4軸炎星】と同様) 

 

【3軸炎星】は、《真炎の爆発》を採用できるので、【4軸炎星】を超える展開ができる場合があります。

また、《転生炎獣ミラージュスタリオ》を絡めて展開力をさらに上げることもできます。

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/炎属性/サイバース族/攻2000/守 900
レベル3モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性モンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):X召喚したこのカードが「サラマングレイト」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 

 

《転生炎獣ガゼル》《転生炎獣スピニー》という強力なレベル3・【転生炎獣】が登場した他、《真炎の爆発》対応の【転生炎獣】が登場していることも、これを後押ししていますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

どちらのデッキタイプを採用するかは、デッキを回してみた感覚で、自分の好みに合った方を選ぶといいでしょう。

《炎星仙-ワシンジン》の登場で、【4軸炎星】のデッキパワーがかなり上がっているので、『安定性の【4軸炎星】・爆発力の【3軸炎星】』という従来の構図は、あまり意味をなさなくなったように思います。

 

 

【デッキレシピ】

 

最後にデッキレシピの紹介です。

 

【4軸炎星】

 

カイザー・ブラッド・ヴォルス1
微炎星-リュウシシン3
殺炎星-ブルキ1
暗炎星-ユウシ2
立炎星-トウケイ3
捷炎星-セイヴン3
炎星師-チョウテン1
熱血獣士ウルフバーク1
レッド・リゾネーター3
廻天狗3
炎王獣ガネーシャ
TGワーウルフ
炎舞-「天キ」3
炎舞-「天枢」3
炎王炎環2
炎王の急襲2
コール・リゾネーター3
墓穴の指名者3
ハーピィの羽根箒1

計40

【EX】

炎星仙-ワシンジン2
水晶機巧-ハリファイバー1
転生炎獣サンライトウルフ1
ヴァレルソード・ドラゴン1
フォーミュラ・シンクロン1
炎星候-ホウシン2
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン1
ヴァレルロード・S・ドラゴン1
氷結界の龍トリシューラ1
魁炎星王-ソウコ3
間炎星-コウカンショウ1

 

【3軸炎星】

 

殺炎星-ブルキ1
立炎星-トウケイ3
速炎星-タイヒョウ3
炎星師-チョウテン3
捷炎星-セイヴン1
炎王獣ガネーシャ
レッド・リゾネーター3
TGワーウルフ
灰流うらら2
炎舞-「天キ」3
炎舞-「天枢」3
炎舞-「玉衝」1
炎舞-「揺光」1
炎王の急襲3
真炎の爆発3
墓穴の指名者3
ハーピィの羽根箒1

計40

【EX】

炎星仙-ワシンジン3
水晶機巧-ハリファイバー1
転生炎獣サンライトウルフ1
フォーミュラ・シンクロン1
炎星候-ホウシン3
獣神ヴァルカン1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン1
氷結界の龍トリシューラ2
炎星皇-チョウライオ2