天空神騎士ロードパーシアス デッキ 【裁きの代行者サターン】

dandeです。

 

今回は、《天空神騎士ロードパーシアス》を使ったデッキの紹介です。

 

 

 

 

【《天空神騎士ロードパーシアス》】

 

 

 

《天空の聖域》に関する効果を持っており、手札の天使族をSSする《ファイアウォール・ドラゴン》のような効果もあります。

 

 

【リンク召喚ルート】

 

 

《天空神騎士ロードパーシアス》のリンク素材は、「天使族モンスター2体以上」となっています。

 

わかりやすい例では、《創造の代行者ヴィーナス》の効果で、《神聖なる球体》を2体SSすればリンク召喚できますね。

 

 

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守   0
(1):500LPを払って発動できる。
手札・デッキから「神聖なる球体」1体を特殊召喚する。

 

また、素材となる天使族モンスターのレベルに制限がないので、リンクモンスターも素材にできます。

汎用リンクモンスターとしては、例えば、《彼岸の黒天使ケルビーニ》が挙げられます。

 

 

 

【サーチ対象について】

  

 

《天空神騎士ロードパーシアス》は、(1)効果により、「天空の聖域」のカード名が記されたカードを手札に加えることができます。

今回、サーチ対象として注目したのが、《裁きの代行者サターン》です。

 

 

効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻2400/守   0
自分のライフポイントが相手を超えている場合、
自分フィールド上に存在するこのカードをリリースして発動する事ができる。
超えているライフポイントの数値分のダメージを相手ライフに与える。
この効果は自分フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在しなければ適用できない。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行う事ができない。

 

《天空神騎士ロードパーシアス》は、(2)効果により、天使族モンスターがフィールドから墓地へ送られた場合に、手札から天使族モンスターをSSできます。

 

つまり、《裁きの代行者サターン》が自身の効果でリリースされた時に、手札に別の《裁きの代行者サターン》があれば、それをSSすることで、もう一度バーン効果を使えるということです。

 

その後、《ファイアウォール・ドラゴン》を出せば、3回《裁きの代行者サターン》をSSすることができます。

 

* エラッタでできなくなりました。。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【《素早きは三文の徳》】

 

 

 

そうなれば、《裁きの代行者サターン》を3枚握りたくなるのは、自明の理ですね。

 

《素早きは三文の徳》でまとめてサーチしてしまいましょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

上記の記事にもありますが、《オネスト》3枚サーチしてワンキルする動きは、決まるとかなり気持ちいいです。

 

 

【《G・ボールパーク》との相性】

  

 

 

《G・ボールパーク》の効果で、レベル3昆虫族モンスターを3体SSすることができるので、《彼岸の黒天使ケルビーニ》をリンク召喚できます。

 

そこに天使族モンスター1体を出せれば《天空神騎士ロードパーシアス》をリンク召喚できます。

 

 

また、レベル3昆虫2体で、光属性の《蟻岩土ブリリアント》をX召喚できるので、手札に光属性モンスターが無くても《オネスト》を発動できます。

 

 

 

流れとしては、

 

  相手の攻撃宣言時に《メタバース》を発動して、《G・ボールパーク》を発動

→《G・ボールパーク》の効果で、デッキからレベル3昆虫バニラを3体SS 

→《素早きは三文の徳》を発動してデッキから《オネスト》3枚サーチ

→次の自分ターンにレベル3昆虫2体で、《No.20 蟻岩土ブリリアント》をX召喚

→効果発動して攻撃力300アップ

→攻撃して《オネスト》3枚投げる

 

 

【デッキレシピ】

 

 

最後に、レシピを紹介して終わります。

 

 

マスター・ヒュペリオン1
裁きの代行者サターン3
オネスト3
神秘の代行者アース3
創造の代行者ヴィーナス3
神聖なる球体3
ツンドラの大蠍3
悪魔嬢リリス3
ダンディライオン1
G・ボールパーク3
天空の聖域1
パーシアスの神域1
貪欲な壺2
死者蘇生1
ハーピィの羽根箒1
メタバース3
素早きは三文の徳3
トラップトリック2

計40

【EX】

リンク・スパイダー2
セキュリティ・ドラゴン1
甲虫装機ピコファレーナ2
彼岸の黒天使ケルビーニ2
天空神騎士ロードパーシアス2
ファイアウォール・ドラゴン1
鎖龍蛇-スカルデット1
ヴァレルソード・ドラゴン1
№20 蟻岩土ブリリアント2
電子光虫-コアベージ1