ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

バスター・スナイパー 【種族・属性変更を活かしたい】

dandeです。

 

今回は、《バスター・スナイパー》を取り上げます。

 

【バスター・モード】にとって、非常に強力なサポートカードであることは周知ですが、ここでは別の活用法も考えていきます。

  

 

  目次

 

 

【《バスター・スナイパー》】

 

 

f:id:dandee:20200109132744j:plain

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「バスター・スナイパー」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキのSモンスター1体を相手に見せ、対象のモンスターの種族・属性はターン終了時まで、見せたモンスターと同じになる。

 

(1)効果でSSするモンスターは、《サイキック・リフレクター》ほぼ一択でしょう。

 

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイキック族/攻 400/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたカードまたは「バスター・モード」1枚をデッキから手札に加える。
(2):手札の「バスター・モード」1枚を相手に見せ、「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記された自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、そのレベルを4つまで上げる。

 

これ1枚で《スターダスト・ドラゴン/バスター》をSSできるという画期的なカード。

 

 

【(2)効果について】

 

 

1枚で《スターダスト・ドラゴン/バスター》を出す動きが強すぎて、他の動きが軽視されがちな《バスター・スナイパー》。

 

(2)効果で、自分フィールド上のモンスターの種族・属性を変更することができます。変更するモンスターには、特に制約はありません。

カード設計としては、【バスター・モード】デッキで使われる《アーカナイト・マジシャン》のような素材に縛りがあるモンスターを簡単に出せるようにする意図があると思われます。

 

【バスター・モード】に拘らないのであれば、《HSRカイドレイク》《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》《グレイドル・ドラゴン》《ダーク・フラット・トップ》のような縛りが特有で出しづらいシンクロモンスターも出せるので、幅広いデッキで活躍が見込めます。

 

レベル8Sモンスターを使うデッキには必ず採用を検討すべき1枚となりそうです。

 

ではでは。