ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

サンダー・ボルト【ついに制限復帰】

dandeです。

 

2019年4月からのリミットレギュレーションが発表されましたね。

 

かねてから禁止解除が噂されていたサンダー・ボルトがついに制限カードになりました。

いやあ、めでたい。めでたい。

 

 

  目次

 

 

【《サンダー・ボルト》】

 

 

通常魔法
(1):相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

青眼の白龍》《死者蘇生》と並ぶ遊戯王を象徴する」一枚。

特に、昔から遊戯王をしている方にとっては、特別なカードだと思います。

 

現環境は、破壊耐性を持つカードが多く、大量展開がデフォになっているので、けん制の意味も込めて《サンダー・ボルト》を釈放するのはアリだと思います。

相方の《ブラック・ホール》は、すでに1年以上前に無制限カードになっていますし。

 

《ハーピィの羽根箒》+《サンダー・ボルトで相手フィールドをすべて破壊するという懐かしのムーブが、現代に蘇ります。

 

【当然、再録。】

 

 

サンダー・ボルト》は、3月23日発売予定のスターターデッキ2019に再録されます。

てっきりルールブックの付録かと思ったのですが、4月からすぐに使えるのは有難いですね。

 

【サーチ・回収していきたい】

 

 

サンダー・ボルト》は、通常魔法です。

 

先日出たばかりのストラクチャーデッキで、通常魔法をサーチするやつがいましたね。

 

そう、《創聖魔導王エンディミオンです。

 

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで、フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。
自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。
その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。
(2):魔力カウンターが置かれているこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。

 

まあ、わざわざ《サンダー・ボルト》サーチするかって言われたら疑問符は付くんですが、やっぱりガンガン使いたいじゃないですか。

 

 

あとは、《D-HEROダークエンジェル》も面白そう。

 

効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻   0/守   0
(1):自分の墓地の「D-HERO」モンスターが3体以上の場合、このカードを手札から捨て、自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が発動した魔法カードの効果は無効化され破壊される。
(3):自分スタンバイフェイズに自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから通常魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

 

《D-HEROダイヤモンドガイ》と組み合わせてガンガン《サンダー・ボルト》していきましょう。

 

 

もっと《サンダー・ボルト》したい人は、《覚醒の魔導剣士》も採用しましょう。

 

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「覚醒の魔導剣士」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「魔術師」Pモンスターを素材としてこのカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

もはや何デッキかわかりませんね。

デッキ名は、サンダー・ボルトにすればいいと思います。

 

ではでは。