ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

ストライカー・ドラゴン【素材の緩いリンク1】

dandeです。

 

今回は、Vジャンプ付属カードの《ストライカー・ドラゴン》を取り上げます。

 

【ヴァレット】の安定性を大きく高める1枚ですね。

 

 

  目次

 

 

【《ストライカー・ドラゴン》】

 

 

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/ドラゴン族/攻1000
【リンクマーカー:左】
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。

 

《転生炎獣ベイルリンクス》の【ヴァレット】版ですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

【ヴァレット】専用のフィールド魔法である《リボルブート・セクター》をサーチする効果を持っています。

 

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
●相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合、その差の数まで自分の墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 

直近の制限改定で、《テラ・フォーミング》だけでなく《メタバース》までもが制限カードになってしまったので、フィールド魔法サーチは貴重です。

 

dandee.hatenablog.com

 

素材指定は、「レベル4以下のドラゴン族モンスター」となっており、【ヴァレット】にありがちな【ドラゴン族・闇属性】ではないことに注意。

 

素材指定の緩さから、幅広いデッキで使われる可能性があります。 

 

 

【(2)効果について】

 

 

(2)効果は、自分のモンスター1体を破壊し、墓地の【ヴァレット】を回収する効果です。

 

デブリ・ドラゴン》をリンク素材にできることから、ユベルと組み合わせるのがオシャレですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

上記のペンデュラムを絡める構築で言えば、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》も「自分フィールドのカードを破壊する効果」を持っているので、《ユベル》の破壊手段が増えますね。

 

ただ、《ストライカー・ドラゴン》の(2)効果を使うには、墓地に【ヴァレット】がないといけないので、《クイック・リボルブ》等のサポートを使いながら、うまく構築していきましょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。