ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

エレキカンシャ【エレキを大量サーチ・展開】

dandeです。

 

今回は、《エレキカンシャ》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《エレキカンシャ》】

 

 

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの雷族モンスターの種類の数まで、デッキから「エレキカンシャ」以外の「エレキ」カードを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「エレキ」モンスターを可能な限り特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

大量サーチと大量展開がこれ1枚でできてしまう優れもの。

 

【雲魔物】でいうところの《雲魔物の雲核》のようなものですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

ただ、【エレキ】は、カードパワーが全体的に低く、《雲魔物-タービュランス》のように高リンク召喚に繋げられる訳でもないので、インパクトとしては薄いです。

 

 

【(1)効果について】

 

 

《エレキカンシャ》の(1)効果を最大限に生かすためには、【雷族】を大量展開する必要があります。

(そもそも【エレキ】は大量展開できない、そのための《エレキカンシャ》の(2)効果ではないのか、という矛盾は、横に置いておきます。)

 

《同胞の絆》は、【雷族】軸の【メタビート】でもよく使われており、もともと相性が良いですね。

 

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

 

《エレキカンシャ》の(1)効果は、サーチするだけなので、《同胞の絆》のデメリットもすり抜けられます。

ただ、【エレキ】は、ダイレクトアタックを起点として動くので、その意味ではデメリットが直撃します。

《同胞の絆》を採用する場合は、《ライオウ》等の【メタビート】要素を多くした方がいいでしょう。

 

 

《同胞の絆》の他にも、召喚権を増やすことで、《エレキカンシャ》のサーチ枚数を増やすことができます。

 

【雷族】でいえば、《Oka サンダー》が有力な1枚。

 

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1400/守 700
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
手札から「OKaサンダー」以外の雷族・光属性・レベル4のモンスター1体を召喚する。

 

《エレキカンシャ》抜きにしても、ランク4に繋げやすいカードなので、普通に採用できる1枚です。

 

もう1つ有力なのが《ブリリアント・フュージョン》からの《ジェムナイト・パーズ》融合召喚

 

融合・効果モンスター
星6/地属性/雷族/攻1800/守1800
「ジェムナイト・ルマリン」+「ジェムナイト」モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

デッキから《ジェムナイト・ルマリン》+《ジェムナイト・ラズリー》を墓地に送ることで、【雷族】を2体並べられます。

 

もちろん《ジェムナイト・セラフィ》を融合召喚して召喚権を増やすのもいいです。

 

《ジェムナイト・パーズ》は打点不足が残念な1枚ですが、《エレキカンシャ》の(1)効果でサーチできる《エレキューブ》で打点を挙げられるという地味なシナジーがあります。

 

装備魔法
雷族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は、自分の墓地に存在する雷族モンスターの数×100ポイントアップする。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、自分フィールド上に表側表示で存在する雷族モンスター1体の攻撃力は1000ポイントアップする。

 

 

【(2)効果について】

 

 

《エレキカンシャ》の(2)効果は、(1)効果でサーチした【エレキ】を一気に展開する設計になっています。

 

【雷族】には《バッテリーサイクル》という強力な回収カードがあるので、手札補充はしやすいですね。

 

通常魔法
自分の墓地の攻撃力1500以下の雷族モンスター2体を選択して手札に加える。

 

単に(2)効果を使うだけであれば、《おろかな副葬》等で墓地に送るだけで使えますが、果たしてそこまでする見返りがあるかどうか。

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

 

《エレキカンシャ》の(1)効果で手札コストを大量サーチできるので、《魔法石の採掘》をあわせて採用しても面白いかもしれません。

 

通常魔法
(1):手札を2枚捨て、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

《おろかな副葬》で《エレキカンシャ》や《ブリリアント・フュージョン》を落として、《魔法石の採掘》で回収するのはなかなか良い動き。

 

ではでは。