ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

グラビティ・コントローラー【リンク1への置換】

dandeです。

 

今回は、《グラビティ・コントローラー》を取り上げます。 

 

 

  目次

 

 

【《グラビティ・コントローラー》】

 

 

f:id:dandee:20191013115241j:plain

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/サイキック族/攻1000
【リンクマーカー:左下】
リンクモンスター以外のEXモンスターゾーンのモンスター1体
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):EXモンスターゾーンのこのカードは、メインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードがEXモンスターゾーンの相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを持ち主のデッキに戻す。

 

EXモンスターゾーンのモンスターをリンクモンスターに変換できる優秀【リンク1】。

 

融合・シンクロ・エクシーズを主力とするデッキで、かつ専用【リンク1】を与えられていないテーマにとっては、待望のカードではないでしょうか。

 

(2)効果も、おまけと言っては十分すぎる強さです。

 

 

【《ブリリアント・フュージョン》の出張性能が向上】

 

 

デッキから【光属性】を墓地に送りながら召喚権を増やせるカードとして、これまで様々なデッキに出張してきたのが、ブリリアント・フュージョン

 

dandee.hatenablog.com

 

このカードの弱点の一つとして、「EXゾーンに《ジェムナイト・セラフィ》が居座る問題」があったのですが、《グラビティ・コントローラー》の登場で、これがほぼ解消されました。

 

融合・効果モンスター
星5/地属性/天使族/攻2300/守1400
「ジェムナイト」モンスター+光属性モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにモンスター1体を通常召喚できる。

 

あとは、《グラビティ・コントローラー》をリンク素材にできないという制約を乗り越える工夫をしていきたいところ。

 

また、同じ融合モンスターでは、【シャドール】融合モンスターを墓地に送って回収効果を使う動きもいいかもしれませんね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【墓地に送ることで能動的に効果を発動】

 

 

《転生炎獣アルミラージ》登場時に、《BF-隠れ蓑のスチーム》の効果を能動的に発動できることが話題になりましたが、《グラビティ・コントローラー》も同様の使い方ができそうです。

 

まずは、《No.18 紋章祖プレイン・コート》

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/サイキック族/攻2200/守2200
レベル4モンスター×2
フィールド上に同名モンスターが2体以上存在する場合、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その同名モンスターの内の1体を選び、それ以外の同名モンスターを全て破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこの効果で選んだモンスターと同名のモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
また、このカードが墓地へ送られた場合、デッキから「紋章獣」と名のついたモンスター2体を墓地へ送る事ができる。

 

【紋章獣】は、IGNITION ASSAULT で新規強化をもらっており、《グラビティ・コントローラー》が、さらなる追い風になりそう。

 

同じエクシーズモンスターでは、《No.71 リバリアン・シャーク》も良さげです。

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/ドラゴン族/攻   0/守2000
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、「No.71 リバリアン・シャーク」以外の自分の墓地の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードのX素材1つをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「RUM」魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

 

【星因士】や【彼岸】にも「墓地へ送られた場合」に効果を発動できるモンスターがおり、活用を検討したいですね。

 

ではでは。