魂のしもべ【オシリスとマハードの共演】

dandeです。

 

今回は、11月9日発売予定のデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-に収録される《魂のしもべ》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《魂のしもべ》】

 

 

 

速攻魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・デッキ・墓地から、「魂のしもべ」以外の「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード、「ブラック・マジシャン」の内、いずれか1枚を選んでデッキの一番上に置く。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。

 

(1)効果は、デッキトップを操作する効果。

そして(2)効果は、ドローする効果。

 

これはつまり、《守護神官マハード》をSSせよ、と言っているに等しいですね。

 

 

効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻2500/守2100
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが闇属性モンスターと戦闘を行うダメージステップの間、このカードの攻撃力は倍になる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。

 

(2)効果のドロー枚数もなかなか派手で、最大4ドローできます。

 

心配なのは、デッキの空きスペースぐらい。

神官全部盛りで40枚に収めるのは至難の業でしょう。

 

 

【オシリスとマハードの共演】

 

 

《魂のしもべ》の(1)効果には、ターン制限がありません。

これには《守護神官マハード》と何かを共演させようとする意図を感じますね。

 

 

そこで、考えてみると、デッキトップ操作と相性の良いカードとして、《真実の名》があります。

 

 

通常魔法
「真実の名」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。
さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。
違った場合、めくったカードを墓地へ送る。

 

《魂のしもべ》でデッキトップに置いたカード名を宣言して《真実の名》を発動することで、デッキから《オシリスの天空竜》をSSできます。

 

 

効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻   ?/守   ?
このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は無効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には、魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(3):このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の数×1000アップする。
(4):相手モンスターが攻撃表示で召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力を2000ダウンさせ、0になった場合そのモンスターを破壊する。
(5):このカードが特殊召喚されている場合、エンドフェイズに発動する。
このカードを墓地へ送る。

 

《オシリスの天空竜》の(3)効果は、アドバンス召喚しなくても適用されます。

 

つまり、《魂のしもべ》の(2)効果で4ドローすれば、《オシリスの天空竜》の攻撃力は4000ポイントアップしますね。

 

 

もう一度、流れを整理すると…

 

 《魂のしもべ》を発動し、デッキトップを操作

⇒《真実の名》を発動し、デッキから《オシリスの天空竜》をSS

⇒2枚目の《魂のしもべ》を発動し、デッキトップに《守護神官マハード》を置く

⇒《魂のしもべ》の(2)効果でドロー

⇒《守護神官マハード》を自身の効果でSS

 

オシリスとマハードの共演。

 

アニメでありそうな熱い連続召喚ですね。

 

きっと公式はこれを意図しているのでしょう。ソースはないけど。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

後日、《魂のしもべ》を使ったデッキを紹介しました。

上記で紹介したギミックとは異なりますが、よろしければどうぞ。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。