ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

虚光の宣告者【宣告者・リンク2】

dandeです。

 

今回は、11月23日発売予定のリンクヴレインズパック3に収録される《虚光の宣告者》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《虚光の宣告者》】

 

 

f:id:dandee:20191123123837j:plain

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻 600
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外の同じ種族・属性のモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):魔法・罠カードの効果が発動した時、手札から天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地の儀式モンスター及び儀式魔法カードの中から、合計2枚まで選んで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

 

初の【宣告者】リンクモンスター。

これで、【宣告者】は、儀式・シンクロ・エクシーズに次ぐリンクモンスターを手に入れました。

 

(1)効果は、まさに【宣告者】といった効果。

ただ、モンスター効果は無効にできないので注意しましょう。

 

素材指定が「トークン以外」となっていますが、《リンク・スパイダー》2体に変換すれば問題なくリンク召喚できます。

 

 

【儀式カードを2枚回収】

 

 

《虚光の宣告者》の(2)効果は、自身が破壊された時に、墓地から儀式モンスターか儀式魔法を2枚まで回収できるという優秀な効果です。

 

個人的には、【メガリス】デッキに採用したいですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

回収した儀式モンスターを自分ターンまで待たずに活用できるのが、その理由。

特に、相手ターンに儀式召喚できる《メガリス・アラトロン》は、積極的に回収したいところ。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【メガリス】デッキには、【天使族】である《マンジュ・ゴッド》《センジュ・ゴッド》が標準搭載されるので、《虚光の宣告者》の(1)効果とも相性が良いです。

 

地味に《輝神鳥ヴェーヌ》も【天使族】。

鳥なのに天使。これ如何に。

 

 

他には、【サイバー・エンジェル】も、儀式デッキでよく使われる【天使族】ですね。

【占術姫】辺りもデッキによっては狙い目でしょうか。

 

ではでは。