ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

影光の聖選士【エリアルとの相性良し】

dandeです。

 

今回は、《影光の聖選士》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《影光の聖選士》】

 

 

f:id:dandee:20191211235128j:plain

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと「シャドール」カード1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの裏側表示モンスター1体を選んで表側守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

 

(1)効果は、【シャドール】融合モンスターも蘇生できます。

《エルシャドール・アプカローネ》等を蘇生できれば強力ですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【(2)効果について】

 

 

効果の判明時にざっと見たときは、何も思わずスルーしましたが、大会入賞レシピに《影依の巫女エリアルとともに採用されているのを見て、その秘めた可能性を知りました。

 

f:id:dandee:20191209234039j:plain

 

 

《影光の聖選士》の(2)効果は、【シャドール】を発動コストとして除外します。

 

これが《影依の巫女エリアル》の(1)効果と相性が良い。

 

《影霊の翼ウェンディ》の効果で裏守備SSした《影依の巫女エリアル》を《影光の聖選士》でリバースさせつつ、コストで除外した【シャドール】を帰還させられるコンボです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

新規カード同士でしっかりシナジーしていますね。

 

気付いていたら、先日紹介した【ヴォルカニックシャドール】デッキにも間違いなく採用していました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

なんせ、【シャドール】を除外するカードを探して《闇の誘惑》を検討していたぐらいですから。

 

《影光の聖選士》は、墓地から自身を除外するため、《狡猾な落とし穴》と喧嘩しない点もいいですね。

 

 

【他のデッキへの出張もあり?】

 

 

《影光の聖選士》の(2)効果は、【シャドール】以外のモンスターも裏・表にできます。

 

類似のカードとしては、《聖占術姫タロットレイ》《星遺物の傀儡》があります。

 

儀式・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2700/守1200
「聖占術の儀式」により降臨。
「聖占術姫タロットレイ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(3):自分エンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。
(2):自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

 

上記の2枚が繰り返し効果を使える点で優れているのに対し、《影光の聖選士》は、単発ながら《シャドール・リザードの効果で墓地に送れば、すぐに効果が使える点で優れています。

 

リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「シャドール・リザード」以外の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。

 

《シャドール・リザード》+《影光の聖選士》の2枚を出張させる構築が、今後生まれてくるかもしれません。

頭の片隅に置いておきたいと思います。

 

EXデッキの枠を食いますが、リバース主体のデッキであれば、《シャドール・ネフィリム+【シャドール】融合モンスターを出張させ、《シャドール・ネフィリム》の効果で《影光の聖選士》を捨てるのも良いでしょう。

  

f:id:dandee:20191212091901j:plain



 

完成度の高い【シャドール】ストラクを目の前にして、【シャドール】を出張させるのはやや気が引けるのですが、シナジーしているなら問題ない。

 

【シャドール暗黒界】デッキでメタモルポットをリバースさせるのも一興。

 

リバース・効果モンスター(制限カード
星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
お互いの手札を全て捨てる。
その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

 

《魔導雑貨商人》を採用したデッキに出張させて、ぶん回すのもまた一興ですね。

 

リバース・効果モンスター
星1/光属性/昆虫族/攻 200/守 700
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
魔法・罠カードが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、その魔法・罠カードを手札に加える。
残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

 

 

ではでは。