ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

マスタールール改定の感想【タイムスリップ】

dandeです。

 

今回は、先日発表されたマスタールールの改定を取り上げます。

その衝撃的な内容に、デュエリスト界隈は混乱の渦となりました。

 

 

  目次

 

 

【ルール改定の概要】

 

 

それは、エクストラデッキの融合・シンクロ・エクシーズモンスターは自分のメインモンスターゾーンにも特殊召喚できる」というもの。

 

f:id:dandee:20200123222226j:plain

 

※ ペンデュラム・リンクモンスターを特殊召喚するルールは変更なし。

 

 

 

ん?ちょっと何言ってるかわかりませんね。

 

わからない方のために、もう一度言います。

 

 

エクストラデッキの融合・シンクロ・エクシーズモンスターは、自分のメインモンスターゾーンにも特殊召喚できます。

 

 

 

そう、我々は、9期にタイムスリップしたのです。

令和元年だと思っていたら、まだ平成だった。心は平静ではないのに平成。これ如何に。

 

f:id:dandee:20191221154359j:plain

 

 

9期と異なる点は、謎のモンスターゾーンが一つ増えていて、EXデッキのペンデュラムモンスターは謎の矢印の先にしか出せず、 そこにリンクモンスターが加わったといったところでしょうか。

 

リンクマーカーは、文字どおり「リンクモンスター同士をつなげるマーカー」に。

ただ厳密には、ペンデュラムモンスターもリンク先にしか出せないので、「リンクペンデュラムマーカー」と呼ぶべきですね。

 

 

改定内容を総括すると、

 

『8期以前の召喚法(融合・シンクロ・エクシーズ)が復権し、9期以降の召喚法(ペンデュラム・リンク)が弱体化した。』

 

と言えます。

 

 

【率直な感想】

 

 

私はシンクロ召喚が好きなので、今回の改定は、率直に良かったです。

 

 

今回の改定により、EXデッキにリンクモンスターを採用しなければいけないという暗黙のルールがなくなり、デッキ構築の自由度が上がったことは歓迎すべきでしょう。

 

リンクモンスターには、素材指定が緩いものが多く、効果も総じて強力。

融合素材を指定する融合モンスター、チューナーを要求するシンクロモンスター、同じレベルを指定するエクシーズモンスターは、どうしても次点にならざるを得ませんでした。

 

この現状に風穴を開けたのは評価できます。

アニメ再現もしやすくなっており、ファンデッキ界隈の方にとっても朗報だと思います。

 

 

インフレが加速する懸念はありますが、もうすでにリンクモンスターのインフレが暴走状態なので、今更それを言っても仕方ないと思います。

 

4月からのリミットレギュレーションで、融合・シンクロ・エクシーズにも大きいテコ入れが来ると思いますし、それに期待するしかなさそうです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

大会プレイヤーにとってはどうなのでしょう。

私はすでにガチの遊戯王からは退いているので、具体的な感想を持ちませんが、リンクシステムを前提に構築を研ぎ澄ませてきた方々からすると、構築を根本的に見直す必要に迫られ、なかなかに大変かもしれません。

 

 

構築の見直しは、もちろんファンデッカーも同様なので、4月に向けていろいろと試していく必要がありますね。

 

これまでどおりマイペースで考えていきます。

 

ではでは。