ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

アークネメシス・エスカトス【種族変更と好相性】

dandeです。

 

今回は、1月11日発売予定の ETERNITY CODE に収録される《アークネメシス・エスカトス》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《アークネメシス・エスカトス》】

 

 

f:id:dandee:20200112002253j:plain

特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されない。
(2):フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。
フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。
次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。

 

《ドラゴン・目覚めの旋律》でサーチできる優秀なステータス。

 

通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

 

召喚条件として、種族の異なるモンスター3体を除外する必要があるので、採用する際は、メインデッキとEXデッキの種族をバラけさせるようにしましょう。

 

効果破壊耐性があるので、(2)効果の全体破壊に巻き込まれないのはポイント。

後述のように、種族変更をする際に、これが活かされます。

 

 

【種族変更と好相性】

 

 

《アークネメシス・エスカトス》の(2)効果は、「全体破壊+SS封じ」という強力なものですが、「元々の種族」とは書かれていません。きっと書き忘れでしょう。

 

つまり、《DNA改造手術》などで場のモンスターの種族を変更すれば、相手のデッキを的確にメタれますね。

 

永続罠
種族を1つ宣言して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターは宣言した種族になる。

 

種族変更のうち、最も強力なのが《アンデットワールド》

 

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

 

サーチ手段が豊富で、墓地にも干渉するので、《アークネメシス・エスカトス》と組み合わせれば、墓地からの蘇生も封じられます。

 

Twitterで実施したアンケートでも、堂々の1位でした。

 

 

《死霊王ドーハスーラ》復権なるか。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

個人的には、《バスター・スナイパー》の種族変更効果を活かしていきたい。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【/バスター】ギミックには、【サイキック族】と【獣戦士族】が含まれ、EXデッキのモンスターと合わせれば、種族の異なるモンスター3体を用意することは容易です。

EXデッキのシンクロモンスターの種族をバラけさせることで、多くのデッキへの対策になりますね。

 

《リプロドクス》ももちろん優秀ですね。

 

f:id:dandee:20200109132542j:plain

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/恐竜族/攻 800
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●種族を1つ宣言して発動できる。
このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。
●属性を1つ宣言して発動できる。
このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。

 

 

ではでは。