ネメシス・コリドー【超雷龍-サンダー・ドラゴン】

dandeです。

 

今回は、1月11日発売予定の ETERNITY CODE に収録される《ネメシス・コリドー》を取り上げます。

 

 

 

 

【《ネメシス・コリドー》】

 

 

 

効果モンスター
星4/風属性/雷族/攻1900/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
(2):「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

《風霊媒師ウィン》《ルイ・キューピット》でサーチできるステータス。

 

dandee.hatenablog.com

dandee.hatenablog.com

 

 

(1)効果は、手札で発動する【雷族】の効果なので、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》のSSに繋げられます。

この点だけでも十分強力なので、色々なデッキに出張しそうな予感がします。

 

 

 

【(1)効果について】

 

 

《ネメシス・コリドー》の(1)効果には、発動後のSS制限がなく、《ネメシス・コリドー》自体にリンク素材などの制約もありません。

 

除外ゾーンのカードをデッキに戻しつつ、リンク召喚などに繋げられます。

 

《D-HERO ディアボリックガイ》を始め、【オルフェゴール】や【幻影騎士団】・【無限起動】・【水晶機巧】など、墓地から除外して発動するカードは非常に多いので、その組み合わせは無限大。

 

 

 

個人的には、【霊獣】【ジェムナイト】辺りが面白いのではないか、と思っています。

 

dandee.hatenablog.com

 

前者は、融合の際に除外を行うほか、上記の《風霊媒師ウィン》を共有できる点でシナジーがありますね。

《アークネメシス・エスカトス》の効果で除外ゾーンを増やせるのも、【霊獣】と相性が良いです。《聖霊獣騎カンナホーク》で戻して《アークネメシス・エスカトス》でまた除外する流れ。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

後者の【ジェムナイト】は、《ジェムナイト・フュージョン》で除外ゾーンが簡単に増やせるほか、デッキに【ジェムナイト】を戻して《ブリリアント・フュージョン》で落とす動きもできますね。

 

 

遊戯王/ブリリアント・フュージョン(ノーマル)/LINK VRAINS PACK

遊戯王/ブリリアント・フュージョン(ノーマル)/LINK VRAINS PACK

  • コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
Amazon

 

 

【(2)効果について】

 

 

《ネメシス・コリドー》の(2)効果は、除外ゾーンの【ネメシス】を回収する効果で、最上級【ネメシス】と噛み合うように設計されています。

 

《アークネメシス・エスカトス》《アークネメシス・プロートス》は、3体の除外を要求しています。

【ネメシス】を3体除外すれば、《ネメシス・コリドー》を自身の(1)効果でSSして(2)効果で除外ゾーンの【ネメシス】を回収することも可能ですね。

 

dandee.hatenablog.com

  

ではでは。