ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。Twitterアカウントは、https://twitter.com/dande37413776

王(ジェネレイド) デッキ【機械軸】

dandeです。

 

今回は、【王(ジェネレイド)】デッキの紹介です。

 

先日のパックに収録された《王の影ロプトル》なども採用しています。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

 

【デッキレシピ】

 

 

光の王マルデル1
鉄の王ドヴェルグス1
氷の王ニードヘッグ1
虚の王ウートガルザ1
轟の王ハール1
死の王ヘル1
星遺物-『星杯』1
王の影ロプトル3
ラクリ小町 弐弐四3
ラクリ商人 壱七七3
ラクリ蝦蟇 四六弐四2
幻獣機オライオン1
ブンボーグ003 3
ブンボーグ001 1
ジェット・シンクロン1
王の舞台3
星遺物の胎導3
星遺物を継ぐもの1
ラクリ蝦蟇油1
貪欲な壺2
墓穴の指名者2
ハーピィの羽根箒1
王の襲来3

計40

【EX】

星杯の神子イヴ1
アクセル・シンクロン1
ナチュル・ビースト1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン1
ヴァレルロード・S・ドラゴン1
琰魔竜レッド・デーモン・アビス1
ラクリ将軍 無零1
ラクリ大将軍 無零怒2
ラクリ大権現 無零武1
永の王オルムガンド1
真竜皇V・F・D 1
リンクリボー
水晶機巧-ハリファイバー1
幻獣機アウローラドン

 

 

【展開ルート(動画)】

 

 

デッキの大まかな動きを確認できるよう、《ブンボーグ003》始動のルートを動画にしました。

 

f:id:dandee:20200122124956j:plain

 

 

また、以前に【カラクリ】で紹介した動きも取り入れています。

 

 

 

【デッキ解説】

 

 

以前に紹介した【王】デッキは、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

↑↑ のデッキは、事故が多めの構築で、《王の影ロプトル》登場後の今とは、安定感が違いますね。

 

 

今回の構築は、主に《幻獣機アウローラドンを使って展開していきます。

 

dandee.hatenablog.com

 

《リンクロス》も使いたかったのですが、EX に枠がなく諦めました。 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【王】デッキのキーカードである《星遺物の胎導》は、《星杯の神子イヴ》の効果でサーチします。

 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札からレベル9モンスター1体を特殊召喚する。
●自分フィールドのレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々の種族・属性が異なるレベル9モンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「星杯」通常モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「星杯の神子イヴ」以外の「星杯」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

《星遺物の胎導》を発動するために必要なのが【レベル9】。

メインデッキに頼ると、ドロー内容に左右されてしまうので、今回はシンクロで出すことにしました。

 

《カラクリ大権現 無零武》が出せれば、下準備は完了です。

 

dandee.hatenablog.com

 

ただ、《カラクリ大権現 無零武》では、【地属性】か【機械族】の【王】をSSできないので、別の選択肢として《琰魔竜レッド・デーモン・アビス》を採用しています。

 

これで【機械族】の《鉄の王ドヴェルグス》を呼ぶことができますね。

 

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻1500/守2500
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「鉄の王 ドヴェルグス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、リリースしたモンスターとはカード名が異なる、「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを手札から守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

一般的な構築の【王】において出番の少ない《鉄の王ドヴェルグス》を使ってやりたいだけでは、という意見もあろうかと思います。

 

 

その通りです。

 

マイナーカードにも、光を。

 

ではでは。