ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

トリアス・ヒエラルキア【王の舞台と好相性】

dandeです。

 

今回は、《トリアス・ヒエラルキア》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《トリアス・ヒエラルキア》】

 

 

f:id:dandee:20200120222630j:plain

効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻1900/守2900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの天使族モンスターを3体までリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
さらに、この効果を発動するためにリリースしたモンスターの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2体以上:相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●3体:自分はデッキから2枚ドローする。

 

手札・墓地から自身をSSできる効果を持っているので、場に出すことは比較的容易です。

 

相手ターンにも効果発動できるのがポイント。

《ワンダー・エクシーズ》を採用した【ランク9】デッキにも採用できそうですね。

 

通常罠
(1):自分フィールドのモンスターを素材としてXモンスター1体をX召喚する。

 

 

【王の舞台と好相性】

 

 

トリアス・ヒエラルキア》の発動コストは、【天使族】モンスターであり、《王の舞台》のジェネレイドトークンが非常に扱いやすいです。

 

dandee.hatenablog.com

 

《王の舞台》にアクセスできるカードとしては、《光の王マルデル》があり、そのマルデルにアクセスできる《王の影ロプトル》が優秀です。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【レベル9】であることも、【王】と相性が良いですね。

 

トリアス・ヒエラルキア》の追加効果も、非常に強力。

上述のように、相手ターンにも発動でき、フリーチェーンの「対象を取らない破壊」はなかなかの脅威となるでしょう。

 

ではでは。