ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

魔界劇団-ハイパー・ディレクター【リンク1】

dandeです。

 

今回は、《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》】

 

 

f:id:dandee:20200320160209j:plain

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/悪魔族/攻 800
【リンクマーカー:下】
「魔界劇団」Pモンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを特殊召喚する。
その後、デッキのモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、特殊召喚したモンスターとはカード名が異なる「魔界劇団」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「魔界劇団」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

 

【魔界劇団】の専用【リンク1】。

 

ただ、【魔界劇団】には、《魔界劇団-メロー・マドンナ》のように、「この効果の発動後、自分は【魔界劇団】PモンスターしかSSできない。」という制約が付いているものがいくつかあります。

なので、先に《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》をリンク召喚しておく必要がある点に要注意。

 

f:id:dandee:20200324081349j:plain

 

 

 

【PゾーンからSSし、後続を補充】

 

 

《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》の(1)効果は、Pゾーンのカード1枚をSSし、デッキ・EXデッキから【魔界劇団】Pモンスター1体をSSする効果。

 

【魔界劇団】は、P効果・モンスター効果ともに優秀なものが多いです。

P効果を使った後の【魔界劇団】をSSし、そのモンスター効果も使えるので、《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》は、【魔界劇団】の強化としては非常に優秀だと言えますね。

 

モンスター効果で強力なものは、上記の《魔界劇団-メロー・マドンナ》や《魔界劇団-ビッグ・スター》

 

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体をリリースし、自分の墓地の「魔界台本」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードの召喚・特殊召喚成功時に相手は魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「魔界台本」魔法カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはエンドフェイズに墓地へ送られる。

 

Pゾーンに置きたいのは、《魔界劇団-ワイルド・ホープ

 

f:id:dandee:20200320182338j:plain

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200
【Pスケール:青2/赤2】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンの「魔界劇団」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードのPスケールはターン終了時まで9になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「魔界劇団」モンスターしか特殊召喚できない。
【モンスター効果】
このカード名の(2)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、自分フィールドの「魔界劇団」モンスターの種類×100アップする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団-ワイルド・ホープ」以外の「魔界劇団」カード1枚を手札に加える。

 

これらを活用しつつ、アドを稼いでいく流れですね。

 

ざっくり展開ルートを動画にしたのが ↓↓。

 

 

後日改めてデッキを紹介したいと思います。

 

ではでは。