ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

イゾルデからのレヴァライダー展開【少考察】

dandeです。

 

今回は、《聖騎士の追想ゾルデ》《ユニオン・キャリアー》を使った展開ルートの紹介です。

 

テーマは、なつかしの【レヴァライダー】。

 

f:id:dandee:20200505170125j:plain

 

前回の少考察はこちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

 

【レヴァライダーとは】

 

 

まずは【レヴァライダー】って何だ、というところから。

 

【レヴァライダー】は、《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》光と闇の竜(通称「ライダー」)から名付けられたギミックです。

 

 

効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2600/守1200
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する「ドラグニティ」と名のついたカードを装備したモンスター1体をゲームから除外し、手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、「ドラグニティアームズ-レヴァテイン」以外の自分の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。
このカードが相手のカードの効果によって墓地へ送られた時、装備カード扱いとしてこのカードに装備されたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

  

 

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカードは特殊召喚できない。
このカードの属性は「闇」としても扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。
選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

 

《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の効果で《光と闇の竜》を装備することで、次のとおり《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》が「破壊されても何度でも甦るドラゴン」になります。

 

 《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》が破壊されると、装備カードとなった《光と闇の竜》も破壊される

⇒《光と闇の竜》の効果で墓地の《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》を蘇生し、《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の効果で再び《光と闇の竜》を装備

⇒(破壊される度にこれを繰り返す)

 

 

【展開ルート(動画)】

 

 

 

 

【展開ルート(テキスト)】

 

 

上記の動画の展開をテキストベースで書いていきます。

 

 《聖騎士の追想ゾルデ》をリンク召喚し、効果でデッキから4枚の装備魔法を墓地に送り、デッキから《巨竜の聖騎士》をSS

⇒《巨竜の聖騎士》の効果で、デッキから《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》を装備

⇒《聖騎士の追想ゾルデ》+《巨竜の聖騎士》の2体で《ユニオン・キャリアー》をリンク召喚

⇒《ユニオン・キャリアー》の効果で、デッキから《光と闇の竜》を《ユニオン・キャリアー》に装備

⇒《ユニオン・キャリアー》が破壊されれば、《光と闇の竜》の効果で《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》をSSし、【レヴァライダー】が完成

 

《聖騎士の追想ゾルデ》1枚から簡単に【レヴァライダー】が完成するので、何か他のデッキに活かせればいいなと考えています。

 

具体的には、《暗黒騎士ガイアオリジン》を使ったギミックが面白そうです。

 

dandee.hatenablog.com

 

光と闇の竜》の無効効果にチェーンして《暗黒騎士ガイアオリジン》の効果を使えれば、《光と闇の竜》の攻撃力がリセットされるので、相性が良いです。

 

《聖騎士の追想ゾルデ》の効果で《暗黒騎士ガイアオリジン》をサーチできるので、組み合わせることは十分可能だと思います。

 

考察は以上です。

 

ではでは。