ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

サイバネット・ストームでワンチャン!?【少考察】

dandeです。

 

今回は、《サイバネット・ストーム》を使ったコンボの紹介です。

 

前回の少考察は、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

 

【《サイバネット・ストーム》】

 

 

遊戯王/第10期/SD33-JP022 サイバネット・ストーム
 

 

フィールド魔法
(1):フィールドのリンク状態のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、リンクモンスターのリンク召喚は無効化されない。
(3):自分が2000以上の戦闘・効果ダメージを受けた場合に発動できる。
自分のEXデッキの裏側表示のカードだけをシャッフルし、その一番上のカードをめくる。
めくったカードがサイバース族リンクモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚する。
違った場合は元に戻す。

 

今回取り上げるのは、(3)の効果です。

 

ランダムではあるものの、EXデッキから【サイバース族】リンクモンスターをSSできるという強力な効果。

 

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》や《デコード・トーカー・ヒートソウル》など、相手ターンにも効果が使えるモンスターもいるので、積極的に使っていきたいところ。

 

ただ、発動するためには2000以上のダメージを受ける必要があります。

 

 

【あえて2000ダメージを受ける】

 

 

それを積極的に活用していくために注目したのが《ワンチャン!?》

 

通常魔法
(1):自分フィールドにレベル1モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキからレベル1モンスター1体を手札に加える。
発動後、このターン中に自分がこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しなかった場合、エンドフェイズに自分は2000ダメージを受ける。

 

エンド時ではありますが、ちょうど2000ダメージを受けられます。

 

《ワンチャン!?》を使うためには、デッキ内にある程度【レベル1】を採用する必要がありますが、出張パーツとして優秀なのは《DDラミア》でしょう。

 

 

《地獄門の契約書》でサーチでき、自身の効果でSSもできるので《ワンチャン!?》の発動条件を満たしやすいです。

 

その《地獄門の契約書》をサーチできる《DD魔導賢者ケプラー》も【レベル1】ですし、【契約書】で受けるダメージも《サイバネット・ストーム》と相性が良いという。

 

いろいろ応用が利きそうな動きなので、これから使っていきたいと思います。

 

ではでは。