ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

メルフィー デッキ【わくわくメルフィーズ】

【スポンサーリンク】

dandeです。

 

今回は、《わくわくメルフィーズ》を採用した【メルフィー】デッキの紹介です。

 

f:id:dandee:20200808213527j:plain

 

 

  目次

 

 

【《わくわくメルフィーズ》】

 

 

dandee.hatenablog.com

 

このカードの登場で、【メルフィー】は相手ターンに能動的に動けるようになりました。

 

《森の聖獣カラントーサ》をSSして相手の場を蹂躙するもよし、相手の除去札にチェーンして《ネコマネキング》をSSして相手ターンを突如終了させるもよし、幅広い戦略が取れますね。

 

 

 

 

【前回のデッキ紹介】

 

 

以前に紹介した【メルフィー】デッキは、【バージェストマ】を軸とした【ランク2】デッキでした。

 

dandee.hatenablog.com

 

罠カードを多く採用することで守りを固めつつ、【バージェストマ】を絡めて大型Xモンスターを並べていく戦略です。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

レスキューキャット3
召喚僧サモンプリースト3
メルフィー・パピィ3
メルフィー・キャシィ3
ホップ・イヤー飛行隊1
森の聖獣カラントーサ3
ネコマネキング1
灰流うらら3
増殖するG 1
魔獣の懐柔3
禁じられた一滴2
抹殺の指名者2
墓穴の指名者3
ハーピィの羽根箒1
メルフィータイム2
無限泡影3
神の宣告3

計40

【EX】

虹光の宣告者1
森のメルフィーズ1
わくわくメルフィーズ2
No.64 古狸三太夫1
レイダーズ・ナイト1
アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン1
天霆號アーゼウス2
鉄獣戦線 徒花のフェリジット1
I:P マスカレーナ2
トロイメア・ユニコーン1
双穹の騎士アストラム1
ヴァレルエンド・ドラゴン1

 

 

【デッキ解説】

 

 

今回は、積極的に展開するというよりは、《わくわくメルフィーズ》をたてて魔法・罠でサポートすることとしました。

 

《わくわくメルフィーズ》の効果で、何度も何度も場を荒らし、じわじわとアド差を広げていく戦略です。

 

ただ、《わくわくメルフィーズ》をたてても、《禁じられた一滴》をうたれたら一瞬で瓦解します。

 

dandee.hatenablog.com

 

そこで、こちらも《禁じられた一滴》を採用し、《抹殺の指名者》を積むことで対抗しました。

目には目を歯には歯を、というやつです。

 

dandee.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】
 

 

そして、《わくわくメルフィーズ》にいち早く繋げられるように、《魔獣の懐柔》《レスキューキャット》をフル投入しました。

 

 

通常魔法
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
カード名が異なるレベル2以下の獣族の効果モンスター3体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は獣族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューキャット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

 

《レスキューキャット》にアクセスするカードとして《召喚僧サモンプリースト》を採用しました。

 

 

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

《召喚僧サモンプリースト》の効果で2体目の《召喚僧サモンプリースト》をSSし、《召喚僧サモンプリースト》2体で《レイダーズ・ナイト》をエクシーズ召喚することもできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

《アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》へランクアップすることでワンショットキルが狙えるので、選択肢の一つとして有力でしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

最後に、対戦動画を紹介します。

参考になれば。

 

 

ではでは。

【スポンサーリンク】