スプリガンズとマシンナーズの相性について【少考察】

dandeです。

 

今回は、【スプリガンズ】について書いていきます。

 

前回の少考察は、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

 

【スプリガンズについて】

 

 

【スプリガンズ】は、フィールド魔法《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》でXモンスターを展開していくテーマです。

 

dandee.hatenablog.com

 

【スプリガンズ】モンスターの共通効果として、自身をX素材として補充する効果があるので、一度墓地が肥えれば毎ターン素材を確保することができるのがテーマの強みです。

 

 

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「スプリガンズ・ロッキー」以外の自分の墓地の、「スプリガンズ」モンスター1体または「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

 

しかし、この《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》が唯一といってもいい展開手段なので、おのずと他テーマとの混合を考えることになります。

 

 

【マシンナーズとの相性】

 

 

そこで、今回選んだのは【マシンナーズ】

 

属性は【スプリガンズ】= 炎属性、【マシンナーズ】= 地属性 と異なりますが、テーマの動きがうまく噛み合っているので、以下解説していきます。

 

 

【《マシンナーズ・ギアフレーム》】

 

 

まず初めは、《マシンナーズ・ギアフレーム》について。

 

 

ユニオン・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守   0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「マシンナーズ・ギアフレーム」以外の「マシンナーズ」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族モンスター1体を対象とし、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。

 

《マシンナーズ・ギアフレーム》の効果で《マシンナーズ・アンクラスペア》をサーチしてSS ⇒ 《ギアギガントX》をエクシーズ召喚すれば、《ギアギガントX》の効果で【スプリガンズ】のサーチに繋げられます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

このとき《マシンナーズ・アンクラスペア》の効果で《マシンナーズ・フォートレス》を落とせば、最上級【スプリガンズ】を捨ててSSできますね。

 

 

 

《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》が手札にあっても、【スプリガンズ】が手札になければ展開に繋げられないので、【スプリガンズ】のサーチ手段は必須です。

 

《ギアギガントX》は、出しやすいサーチ手段として最適ではないでしょうか。

 

 

【《機甲部隊の最前線》】

 

 

次のポイントが《機甲部隊の最前線》

 

 

永続魔法
(1):1ターンに1度、機械族モンスターが戦闘で破壊され自分の墓地へ送られた時に発動できる。
墓地のそのモンスターより攻撃力が低い、同じ属性の機械族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

 

《機甲部隊の最前線》は、上記の《マシンナーズ・ギアフレーム》とともに《機甲部隊の再編制》でサーチできます。

 

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「マシンナーズ」モンスター2体を手札に加える(同名カードは1枚まで)。
●手札から「マシンナーズ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「機甲部隊の再編制」以外の「マシンナーズ」カード2枚を手札に加える(同名カードは1枚まで)。

 

 

《機甲部隊の最前線》とシナジーがあるのが各種リクルーターです。

 

ここでは《UFOタートル》を取り上げます。

 

 

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1400/守1200
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、デッキから攻撃力1500以下の炎属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚できる。

 

《UFOタートル》が戦闘破壊されることで、《UFOタートル》の効果で《スプリガンズ・キャプテン サルガス》を、《機甲部隊の最前線》の効果で《スプリガンズ・バンガー》をそれぞれリクルートできます。

 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《スプリガンズ・キャプテン サルガス》は相手ターンに発動できる妨害効果を持っており、《スプリガンズ・バンガー》は【スプリガンズ】をサーチする墓地効果を持っています。

 

どちらも【スプリガンズ】のキーカードであり、両方を一気に呼び出せるコンボは重要です。

 

《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》が引けない時でも、《スプリガンズ・キャプテン サルガス》+《スプリガンズ・バンガー》の2体で《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》をX召喚することもできますね。

 

 

 

【《モンスターエクスプレス》】

 

 

EXデッキからモンスターを墓地へ送る効果を持つ《モンスターエクスプレス》も、【スプリガンズ】では重要です。

 

dandee.hatenablog.com

 

効果でEXデッキから《鉄駆竜スプリンド》を墓地に送ることで、エンド時にデッキから《スプリガンズ・キャプテン サルガス》をSSできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《モンスターエクスプレス》は【地属性】なので、【マシンナーズ】が戦闘破壊された時に《機甲部隊の最前線》でリクルートできるのもポイント。

 

同じ【地属性・機械族】には《惑星探査車》もいます。

フィールド魔法が命の【スプリガンズ】では、十分に採用の余地があるでしょう。

 

 

 

【スプリガンズ】と相性の良い【機械族】が、【炎属性】よりも【地属性】に偏っているのは、なんとも悲しいですね。

 

考察は以上です。

 

ではでは。