マギストスにおけるマジシャンズ・ソウルズについて【少考察】

dandeです。

 

今回は、【マギストス】における《マジシャンズ・ソウルズ》の活用法について書いてみました。

 

前回の少考察は、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

 

【《マジシャンズ・ソウルズ》】

 

 

 

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。
その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
(2):自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。
墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

  

主に【ブラック・マジシャン】デッキで使われるこのカード。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

主な使い方は、次の2点。

 

 

① デッキから【レベル6】以上の【魔法使い族】を墓地に送れる

② 自分の魔法・罠を墓地に送ってドローできる

 

 

これに加えて、召喚権が不足しがちな【マギストス】では、召喚権を使わずに《聖魔の乙女アルテミス》が出せる点も大きなメリットですね。

 

 

 

【ドロー効果の活用】

 

 

まずは《マジシャンズ・ソウルズ》の(2)効果のドロー効果について。

 

ポイントは、装備カード状態になっている【マギストス】を墓地に送ってドローできる点でしょう。

 

《絶火の大賢者ゾロア》《聖魔の大賢者エンディミオン》の効果で、【マギストス】をノーコストで装備できることから、実用性も十分あると思います。

 

 

 

 

【レベル6以上を墓地に送る】

 

 

次は、《マジシャンズ・ソウルズ》の(1)効果で墓地に送れる【レベル6】以上の【魔法使い族】を紹介していきます。

 

【《Em スティルツ・シューター》】

 

 

効果モンスター
星6/地属性/魔法使い族/攻2200/守   0
「Emスティルツ・シューター」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、自分は通常召喚できない。
(2):自分の墓地にこのカード以外の「Em」モンスターが存在し、相手にダメージを与える魔法・罠・モンスター効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
相手に2000ダメージを与える。

 

《Em スティルツ・シューター》の2000ダメージを与えるバーン効果のトリガーになるのは《憑依覚醒-大稲荷火》

 

 

 

過去記事で紹介したとおり、【マギストス】と【憑依覚醒】は相性が良く、《法典の大賢者クロウリー》+《Em トリック・クラウン》の2体で好きな属性の【憑依覚醒】を呼ぶことができます。

 

dandee.hatenablog.com

 

無理なく【Em】が入り、《Em スティルツ・シューター》を起動できるのが良いですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

【《魔族召喚師》】

 

 

《魔族召喚師》の効果で《法典の守護者アイワス》を蘇生できるのがシナジーポイント。

 

遊戯王 第11期 DBGI-JP005 法典の守護者アイワス

遊戯王 第11期 DBGI-JP005 法典の守護者アイワス

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

繰り返し蘇生して妨害&コントロール奪取していきましょう。

 

 

あとは《マジシャンズ・ソウルズ》の効果で落とした【魔法使い族】を《結晶の女神ニンアルル》で回収する動きもなかなかオシャレ。

 

 

 

考察は以上です。

 

ではでは。