夢魔鏡における溟界の活用について【少考察】

dandeです。

 

今回は、【夢魔鏡】について考えていきます。

 

「フィールド魔法を引けない」ことが事故に直結する【夢魔鏡】のサポートとして、【溟界】を活用してみました。

 

 

f:id:dandee:20210314103454j:plain

 

 

どうでもいいけど、夢魔鏡の模様と蛇睡蓮の模様ってなんか似てない……?

 

 

 

 

似てないですか、そうですか。

 

 

 

 

【前回の少考察】

 

 

dandee.hatenablog.com

 

デュエルリンクスで【TG】が話題になったので、好きな《TG ブレード・ガンナー》を考察した記事です。

 

 

【夢魔鏡と溟界を合わせるメリット】

 

 

まずは、結論を箇条書きで。

 

・【溟界】のリリース効果が《夢魔鏡の天魔―ネイロス》の発動トリガーになる。

・【溟界】ギミックで出る《クロシープ》を有効活用できる。

・フィールド魔法が主体の【夢魔鏡】なら、《覇蛇大公ゴルゴンダ》が活かせる。

・魔法封じの手段がない【夢魔鏡】で、《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》が出せる。

・墓地融合で除外した【夢魔鏡】を《溟界の昏闇-アレート》で墓地に戻せる。

《混沌の創世神》を共有できる。

《宣告者の神巫》を【溟界】でリリースできる。

 

 

【《夢魔鏡の天魔-ネイロス》】

 

 

融合・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3000/守3000
属性が異なる「夢魔鏡」モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」としても扱う。
(2):このカード以外の自分フィールドのモンスターがリリースされた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から「夢魔鏡の天魔-ネイロス」以外の「夢魔鏡」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

(2)効果はリリースが発動トリガーですが、ふつうは【夢魔鏡】のリリース効果で起動させます。

 

ですが、リリース効果をすでに使ってしまっていたり、相手ターンまで温存したいケースもありますよね。

そんな時は【溟界】に頼りましょう。

 

効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻 400/守2400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル4以下の「溟界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

【《クロシープ》】

 

 

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻 700
【リンクマーカー:左下/右下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
●融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●S:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
●X:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。

 

以前に【溟界メガリス召喚獣】の記事でも紹介しましたが、《溟界の黄昏-カース》とその効果で蘇生した【溟界】で《クロシープ》をリンク召喚できます。

 

《夢魔鏡の天魔-ネイロス》の融合召喚にあわせて使っていきましょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【《覇蛇大公ゴルゴンダ》】

 

 

効果モンスター
星8/炎属性/爬虫類族/攻 ?/守 0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分のフィールドゾーンに表側表示のカードが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する限り、このカードの元々の攻撃力は3000になる。
(3):フィールドの「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のモンスター1体を除外できる。

 

《溟界の蛇睡蓮》でデッキから墓地へ送ることができ、《溟界の黄昏-カース》とで【ランク8】が出せるので、【溟界】と相性が良い一枚。

 

 

 

フィールド魔法が主体の【夢魔鏡】だからこそ活かせる一枚でもありますね。

《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》と《覇蛇大公ゴルゴンダ》で【ランク8】を作る機会もありそうです。

 

 

 

【《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》】

 

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
(1):1ターンに1度、魔法カードの効果がフィールドで発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):相手の攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。
(3):自分フィールドの他のXモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、破壊されたそのモンスター1体の元々の攻撃力分アップする。

 

【ランク8】の一角にして、魔法を封じるカードがない【夢魔鏡】にとっては貴重な制圧モンスターです。

 

攻撃対象を移し替える効果も、攻撃力の低い【夢魔鏡】にはありがたいですね。

 

 

【《溟界の昏闇-アレート》】

 

 

効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2000/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、除外されている自分のモンスターの中から、爬虫類族モンスターを含むモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

 

(2)効果で、除外ゾーンの【溟界】と【夢魔鏡】を戻せます。

 

【夢魔鏡】には、墓地融合カードの《混沌の夢魔鏡》があるので好相性ですね。

 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「夢魔鏡」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
フィールドゾーンに「聖光の夢魔鏡」が存在する場合、手札のモンスターも融合素材とする事ができる。
フィールドゾーンに「闇黒の夢魔鏡」が存在する場合、自分の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。

 

 

【《混沌の創世神》】

 

 

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から特殊召喚したこのカードが存在する場合、除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
その内の1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを好きな順番で持ち主のデッキの一番下に戻す。

 

《混沌の夢魔鏡》で除外した【夢魔鏡】をデッキに戻せる優秀な一枚。

 

【夢魔鏡】と【溟界】は、ともに【闇属性】+【光属性】を主体としたテーマなので、《混沌の創世神》の召喚コストには困らないでしょう。

 

また《混沌の創世神》はレベル8なので、《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》のエクシーズ召喚にも使えるのがいいですね。

 

 

【《宣告者の神巫》】

 

 

チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 500/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。

 

リリースされた時に《夢魔鏡の乙女-イケロス》《夢魔鏡の夢魔-イケロス》をSSできます。

 

 

 

 

だいたいは《トリアス・ヒエラルキア》を落としてリリースしますが、【溟界】のリリース効果でも起動できるので、相性は良いでしょう。

 

 

 

【サンプルレシピ】

 

 

ここまで【夢魔鏡】における【溟界】の活用について書いてきました。

 

【夢魔鏡】は、フィールド魔法が引けないとどうしようもないので、40枚を超えるデッキにしづらいテーマだと思います。

 

それでも、フィールド魔法が引けない事故は起こるので、最低限の動きができるギミックはないかと考えた結果、【溟界】にたどり着きました。

 

まだデッキとしては完成とは言えませんが、サンプルレシピを置いておきます。

 

f:id:dandee:20210316020724j:plain

 

完成したら、改めて解説記事を書きたいと思います。

 

ではでは。