サイバー・ダーク デッキ【新規ストラク発売記念】

dandeです。

 

今回は、【サイバー・ダーク】デッキの紹介です。

 

ストラク発売記念。

 

 

 

 

 

【デッキレシピ】

 

 

まずはデッキレシピから。

 

 

f:id:dandee:20210515070717j:plain

 

サイバー・ダーク・キメラ3
サイバー・ダーク・クロー3
サイバー・ダーク・カノン3
サイバー・ダーク・エッジ1
サイバー・ドラゴン1
サイバー・ドラゴン・コア3
サイバー・ドラゴン・ヘルツ1
サイバー・ドラゴン・ネクステア1
灰流うらら3
エフェクト・ヴェーラー1
サイバーダーク・ワールド3
サイバネティック・ホライゾン3
パワー・ボンド2
エマージェンシー・サイバー3
抹殺の指名者2
墓穴の指名者2
ハーピィの羽根帚1
無限泡影2
サイバーダーク・インヴェイジョン1
サイバネティック・オーバーフロー1

計40

【EX】

旧神ヌトス1
キメラテック・ランページ・ドラゴン1
キメラテック・メガフリート・ドラゴン1
サイバー・ツイン・ドラゴン2
サイバー・エンド・ドラゴン2
鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン1
鎧皇竜-サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン1
サイバー・ドラゴン・ノヴァ1
サイバー・ドラゴン・インフィニティ1
転生炎獣アルミラージ1
ユニオン・キャリアー1
サイバー・ドラゴン・ズィーガー1
トロイメア・ユニコーン1

 

 

【デッキ解説】

 

 

豊富なサーチカードとワンショットキルを活かした構築となっています。

動きを確実に通すために《抹殺の指名者》+《墓穴の指名者》を採用しました。

 

 

 

 

【サーチカードの豊富さ】

 

 

【サイバー・ダーク】の最大の特徴は、サーチカードの豊富さ

 

《サイバー・ダーク・クロー》《サイバー・ダーク・カノン》に加え、《サイバーダーク・ワールド》《サイバネティック・ホライゾン》計4種の専用サーチがあります。

 

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、同名カードが自分の墓地に存在しない「サイバー・ダーク」モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚する。
(3):「サイバー・ダーク」モンスターの召喚・特殊召喚成功時に発動する自身の効果で、自分が自分の墓地からモンスターを装備する場合、代わりに相手の墓地から装備する事もできる。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

上記の4種に加えて、さらに《サイバー・ドラゴン・コア》で《サイバネティック・ホライゾン》などをサーチでき、その《サイバー・ドラゴン・コア》を《エマージェンシー・サイバー》でサーチできるという関係になっています。

 

何重サーチやねん。

 

効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 400/守1500
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスターまたは通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
(2):相手によってこのカードの発動が無効になり、墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

 

【ワンショットキル】

 

 

【サイバー・ドラゴン】を絡めた動きといえば、やはりワンショットキル

《パワー・ボンド》を始めとする「パワーとは何か」をわからせるギミックが魅力ですね。

 

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。
このカードを発動したターンのエンドフェイズに自分はこの効果でアップした数値分のダメージを受ける。

 

 

《サイバー・ダーク・キメラ》の効果で《パワー・ボンド》をサーチでき、さらに墓地融合まで可能になるので、もはや【サイバー・ダーク】に《パワー・ボンド》を採用しない理由はありません。

 

 

 

《パワー・ボンド》で融合召喚するのは《サイバー・ツイン・ドラゴン》

 

融合・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2800/守2100
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

 

カード名を《サイバー・ドラゴン》として扱う《サイバー・ドラゴン・コア》《サイバー・ドラゴン・ネクステア》を融合素材とします。

 

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 200/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

 

《サイバー・ドラゴン・ネクステア》の効果で《サイバー・ダーク・キメラ》を蘇生できるシナジーもありますね。

 

 

【サイバー・ダーク・エンド】

 

 

 

融合・効果モンスター
星12/闇属性/機械族/攻5000/守3800
「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン」+「サイバー・エンド・ドラゴン」
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●「サイバー・エンド・ドラゴン」を装備した自分のレベル10以下の「サイバー・ダーク」融合モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは相手が発動した効果を受けない。
(2):1ターンに1度、発動できる。
自分・相手の墓地のモンスター1体を選び、このカードに装備する。
(3):このカードは、このカードの装備カードの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 

【サイバー・ダーク】の新エース。

 

《パワー・ボンド》で《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》を融合召喚し、その効果で《サイバー・エンド・ドラゴン》を装備させることで、《鎧皇竜-サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン》をSSできます。

 

 

 

《サイバー・エンド・ドラゴン》は、《サイバネティック・ホライゾン》で直接墓地に落とせます。

 

 

サイバーダークエンドの効果でモンスター1枚を装備した後、《ユニオン・キャリアー》の効果でもう1枚装備すれば、合計2回の攻撃が可能になりますね。

 

 

装備すると旨味のある《サイバー・ダーク・クロー》などを装備させましょう。

 

 

【妨害罠の採用】

 

 

このようなワンショットキルに特化した構築もいいのですが、やっぱり少しは防御を考えたいのが決闘者の性。

 

今回は《サイバーダーク・インヴェイジョン》《サイバネティック・オーバーフロー》を採用しました。

 

 

永続罠
(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
「サイバーダーク・インヴェイジョン」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。
●自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスター1体を対象として発動できる。
自分・相手の墓地からドラゴン族・機械族モンスター1体を選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●機械族モンスターに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「サイバー・ドラゴン」を任意の数だけ選んで除外する(同じレベルは1体まで)。
その後、除外した数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊する。
(2):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

 

前者は《サイバー・ダーク・クロー》《サイバー・ドラゴン・コア》などから、後者は《サイバー・ドラゴン・コア》からサーチします。

 

どちらもフリーチェーン破壊の構えとなり強力ですね。

 

サーチが利くので、ともにピン挿しで回るのもいいです。

 

デッキ解説は以上です。

 

 

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。