ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

【魔晶龍ジルドラス】

【スポンサーリンク】

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの魔法・罠カードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットできる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

dandeです。

 

今回は、新弾で登場したカードの中で気になったカードを取り上げてみます。

 魔法・罠破壊へのメタとなるカードですね。

 

このカードが従来のカードと比べて画期的なのは、

 

①除外されているカードを再セットできる点

②破壊されたカード以外も対象に選べる点 

 

です。

 

①については《迷い風》が最も相性が良いでしょう。

 

通常罠

(1):特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果は無効化され、元々の攻撃力は半分になる。
(2):このカードが墓地に存在し、相手のエクストラデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 

  

 

基本的に罠カードはセットしたターンには発動できませんが、《王家の神殿》があれば例外的にセット後すぐに発動することができます。

王家の神殿についてはこちらも参照ください↓↓

 

②に関しては、【雑貨貪欲ターボ】のように魔法・罠が極端に少ないデッキでも再利用を狙うことができたり、 《マジカルシルクハット》や《カオスポッド》で魔法・罠を墓地へ送り、間接的にサーチするコンボも考えられます。

特に後者は効果でジルドラスを墓地に送れる可能性がある点でも相性が良いです。

 

デッキを組むほどのインスピレーションがまだないので、今回はこれまでに組んだデッキの補完的な観点で考察してみました。

また別の発想が浮かべば記事にするかもしれません。

 

追記

後日、デッキになりました!