ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して毎日1記事がんばってます。

エーリアン・ソルジャーM/フレーム 【惑星汚染ウイルス】

dandeです。

 

11月23日発売予定のリンクヴレインズパック2 に《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》が収録されます。

 

まさかエーリアンの新規がくるとは思いませんでした。

待望の爬虫類族リンクモンスターであり、エーリアン以外でも採用できるカードです。

 

 

  目次

 

【《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》】

 

  

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/爬虫類族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
爬虫類族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
捨てたモンスターのレベルの数だけ、フィールドの表側表示モンスターにAカウンターを置く。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
Aカウンターが置かれた相手フィールドのモンスターの数まで、自分の墓地からリンクモンスター以外の爬虫類族モンスターを選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 

 

Aカウンターに関する効果を持っており、(2)の効果が特に強力ですね。

 

(2)の効果を使うためには、より多くの相手モンスターにAカウンターを乗せたうえで、このカードを破壊する必要があります。

相手の破壊効果にチェーンして(1)効果を使えば、そのまま(2)効果が使えますね。

 

《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》はもちろん爬虫類族なので、《毒蛇の供物》も使えます。

 

通常罠
自分フィールド上の爬虫類族モンスター1体と相手フィールド上のカード2枚を選択して破壊する。

 

では、Aカウンターを乗せる手段はどうでしょうか。

《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》の(1)効果で簡単に乗せることができますが、《惑星汚染ウイルス》の存在も忘れてはいけません。

 

 

【《惑星汚染ウイルス》】 

  

 

 通常罠
自分フィールド上の「エーリアン」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在する、Aカウンターが乗っていないモンスターを全て破壊する。
相手のターンで数えて3ターンの間に相手が召喚・反転召喚・特殊召喚したモンスター全てにAカウンターを1つ置く。

 

相手モンスターを全体除去できるだけでなく、《惑星汚染ウイルス》が適用されている間は、後続の相手モンスターにもAカウンターが乗ります。

十分にモンスターが並んだところで《毒蛇の供物》を発動して、相手の魔法・罠を割りながら、爬虫類族モンスターを大量蘇生できますね。

 

【蘇生に適した爬虫類族モンスター】

 

 

現状、通常召喚可能な爬虫類族のなかで最も攻撃力が高いのは、《ゴギガ・ガガギゴ》ですが、効果モンスターに限れば、《地縛神Ccarayhua》です。

ともに特殊召喚しても、あまりありがたいとは言えません。

 

シンクロモンスターであれば《古神ハストール》が面白いかもしれませんね。

 

シンクロ・効果モンスター
星4/風属性/爬虫類族/攻2300/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
(2):このカードの効果で相手モンスターに装備されているこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分はこのカードを装備していた相手モンスターのコントロールを得る。 

 

今のところは、【爬虫類族】のサポートとして使っていく他なさそうです。

 

ではでは。

ガーデン・ローズ・メイデン 【ブラック・ガーデン サポート】

dandeです。

 

今回は、11月10日発売予定の DPレジェンドデュエリスト編4 に収録される《ガーデン・ローズ・メイデン》を取り上げます。

 

まさかの《ブラック・ガーデン》サポートの新規カードに驚きました。

《ブラック・ガーデン》を使ってきた私としては、とても嬉しい強化なんですが、なんですが・・・

 

 

 

 

 

 

《屍界のパンシー》みたいにデッキから発動させてくれても良かったのよ…?

 

dandee.hatenablog.com

 

なぜか自重してしまったコナミさん。

追加の強化カードがあると信じて待ちます。(たぶんない)

 

 

 

  目次

 

 

【《ガーデン・ローズ・メイデン》】

 

 

 

シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻1600/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。 

 

《ブラック・ガーデン》の起動効果で蘇生できるように、攻撃力が800の倍数になっていますね。

(1)効果の発動条件が「特殊召喚に成功した場合」となっているのも、《ブラック・ガーデン》で蘇生して効果を使うことを想定していると思われます。

 

素材指定がないので、いろんなデッキに入りますね。最近私が組んだデッキでは、下記のデッキに入ります。あと、【TG】にも採用予定です。(後日、掲載予定) 

dandee.hatenablog.com

 

 

【《ブラック・ガーデン》について】

 

 

 

 フィールド魔法
「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法でモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターの攻撃力を半分にし、そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
また、自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードとフィールド上の植物族モンスターを全て破壊し、自分の墓地からこのカードの効果で破壊したモンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力のモンスター1体を選択して特殊召喚する。 

 

《ブラック・ガーデン》は、効果処理が非常に面倒なカードとして有名ですが、それを書き出すと文量がとてつもないことになりそうなので、ここでは割愛します。

 

《ブラック・ガーデン》とセットで使いたいカードとしては、《TGワンダー・マジシャン》が挙げられます。

《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で出したいモンスターの筆頭格ですが、「相手ターンにS召喚」できる効果が《ブラック・ガーデン》と相性抜群です。

 

相手の召喚・特殊召喚に対して、ローズトークン1体なら《ブラック・ローズ・ドラゴン》、ローズトークン2体なら《氷結界の龍トリシューラ》に化けます。

 

メタバース》とも相性が良いですね。
 

dandee.hatenablog.com

 

 

【まとめ】

 

 

 

予想していなかった突然の強化に戸惑いましたが、《ブラック・ガーデン》の使い手として、引き続きさらなる活用法を考えていきたいと思います。

 

ではでは。