ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

無限起動におけるクイック・シンクロン【少考察】

dandeです。

 

今回は、小ネタ的な内容になります。

 

テーマは、【無限起動】。

 

《無限起動ブルータルドーザー》を使った【カラクリ無限起動】について、先日記事にしましたが、その続きだと思って読んでもらえれば。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【カラクリ無限起動】の先攻展開で強い動きのひとつが、《水晶機巧-ハリファイバー》+《カラクリ大将軍 無零怒》の構え。

相手ターンに《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《フォーミュラ・シンクロン》を出し、2体で《スターダスト・ウォリアー》をS召喚する流れですね。

 

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/戦士族/攻3000/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):相手がモンスターを特殊召喚する際に、このカードをリリースして発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。
(3):戦闘または相手の効果で表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
エクストラデッキからレベル8以下の「ウォリアー」Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 

《スターダスト・ウォリアー》をチョイスしたのは、《フォーミュラ・シンクロン》+《カラクリ大将軍 無零怒》の2体で出せるシンクロモンスターの中で一番強いからという単純な理由です。

 

そして、《スターダスト・ウォリアー》の(3)効果の候補を考えた時に、有力となったのが《ロード・ウォリアー》でした。

 

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守1500
「ロード・シンクロン」+チューナー以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル2以下の戦士族・機械族モンスター1体を特殊召喚する。

 

効果で、デッキから《無限起動ハーヴェスター》をSSできる優れもの。

レベル8なので、一応《カラクリ大将軍 無零怒》とでランク8をエクシーズ召喚できます。

 

でも、《スターダスト・ウォリアー》のためだけに貴重なEX枠を割くのもなぁ、と悩んでいたところ、ふと思い浮かんだのが《クイック・シンクロン》でした。

 

f:id:dandee:20191219112447j:plain

 

チューナー・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻 700/守1400
このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。
このカードをS素材とする場合、「シンクロン」チューナーを素材とするSモンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードは手札のモンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。

 

レベル5【機械族】なので【無限起動】とで《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》⇒《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》に繋げられる上、チューナーなので《水晶機巧-ハリファイバー》にも繋げられます。

 

手札コストは必要ですが、【無限起動】は墓地で発動する効果が強力なので、特に気にならないのがポイント。

 

いや、むしろ《無限起動ハーヴェスター》でサーチした《無限起動トレンチャー》を捨てながら《水晶機巧-ハリファイバー》を出す、というかなり強い動きができるようになりますね。

 

やや変化球なところで言えば、《クイック・シンクロン》+【無限起動】で《アルティマヤ・ツィオルキン》が出せるというのも、ポイントかもしれません。

 

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない。 

 

【カラクリ無限起動】では、《無限起動ハーヴェスター》のレベル変更効果で、自身と【カラクリ】レベル3チューナーのレベルを5に変更し、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》⇒《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の流れを取ることがあります。

 

ここの《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の代わりに《アルティマヤ・ツィオルキン》が出せますね、という話です。

 

 

次に、《クイック・シンクロン》から関連して気づいたのが《ライティ・ドライバー》の素材代替効果。

 

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 300
このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「レフティ・ドライバー」1体を選んで特殊召喚する。

 

《ライティ・ドライバー》+《レフティ・ドライバー》+【無限起動】の3体で、《ロード・ウォリアー》のシンクロ召喚も十分狙えますね。

 

《ライティ・ドライバー》はそもそも【無限起動】との相性が抜群で、すでに別記事でも紹介しています。思わぬ形で繋がりました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ぐるっと一周回って元に戻った感がありますが、《クイック・シンクロン》と《ライティ・ドライバー》を採用した【無限起動】も、案外ありかもしれないと思った今日この頃。

 

ではでは。