ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

フュージョン・デステニー 【D-HEROに与えられたデッキ融合】

【スポンサーリンク】

dandeです。

 

今回は、《フュージョン・デステニー》を取り上げます。

 

いよいよ【HERO】もデッキ融合する時代になりました。恐ろしいですね。

 

厳密にはデッキ融合ではないものの、【HERO】には《ネオス・フュージョンも先行して登場しており、デッキパワーはかなり上がっています。

 

通常魔法
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とするその融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

フュージョン・デステニー》は、【D-HERO】のデッキ融合です。

では、早速見ていきましょう。

 

 

    目次

 

 

【《フュージョン・デステニー》】

 

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

 

「【D-HERO】を素材とする融合モンスター」なので、【D-HERO】ではない《Dragoon D-END》も問題なく融合召喚できます。

 

墓地に送りたい【D-HERO】の筆頭は、D-HEROディアボリックガイ》でしょう。

 

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

 

フュージョン・デステニー》で融合召喚したモンスターと《D-HEROディアボリックガイ》の2体で《X・HEROクロスガイ》をリンク召喚し、さらなる展開に繋げるのが、今後の【D-HERO】の基本展開となりそうです。

 

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとカード名が異なる「HERO」モンスター1体をデッキから手札に加える。

 

墓地で効果発動できる【D-HERO】は多く、《D-HEROディバインガイ》《D-HEROドローガイ》《D-HEROダッシュガイ》《D-HEROダークエンジェル》等があります。

個々の効果も特徴的で、いろいろな構築ができて楽しいですね。

 

 

【デメリットについて】

 

 

フュージョン・デステニー》を発動したターンは、闇属性の【HERO】しかSSできなくなります。

 

逆に言うと、闇属性の【HERO】ならSSできるということです。

 

闇属性の……【HERO】…?

 

 

 

 

そう、《M・HEROダーク・ロ  E・HEROブラック・ネオス》ですね。

 

融合・効果モンスター
星7/闇属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+「N・ブラック・パンサー」 
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、選択したモンスターの効果は無効化される
(この効果で選択できるモンスターは1体まで)。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。 

 

冒頭で触れた《ネオス・フュージョン融合召喚できる闇属性【HERO】です。

 

1ターンに2度のデッキ融合ができるという衝撃。

《X・HEROドレッドバスター》の攻撃力もうなぎ登り。

 

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「HERO」モンスター2体以上
(1):このカード及びこのカードのリンク先の「HERO」モンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」モンスターの種類×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

当初、散々ハズレア扱いされていた《X・HEROドレッドバスター》ですが、環境にもちょくちょく顔を出し始めており、今後注目されていきそうです。

 

ではでは。