B・F-早撃ちのアルバレスト【墓地から昆虫族を蘇生】

dandeです。

 

今回は、5月18日発売予定のCOLLECTION PACK -革命の決闘者編-に収録される《B・F-早撃ちのアルバレスト》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《B・F-早撃ちのアルバレスト》】

 

 

f:id:dandee:20190519084701j:plain

効果モンスター
星4/風属性/昆虫族/攻1800/守 800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「B・F」モンスター1体を特殊召喚する。

 

(1)の蘇生効果でSSしたモンスターの効果は無効にならないのはポイント。

 

(2)効果は、【B・F】において強力なのはもちろん、2体目の《B・F-早撃ちのアルバレスト》をSSすることもできるので、【B・F】以外の【昆虫族】デッキに出張させる場合にも使えます。

 

 

【回数制限がない(1)効果】

 

 

一見すると見逃してしまいますが、(1)効果には「1ターンに1度」の制約がありません。

 

つまり、《サモンチェーン》などで召喚権を増やせば、繰り返し墓地の【昆虫族】をSSできることになります。

 

速攻魔法
(1):同一チェーン上で複数回同名カードの効果が発動していない場合、そのチェーン3以降に発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。

 

これを積極的に狙う構築もおもしろそうです。

 

ぱっと思いつくもので言えば、【昆虫族】ご用達の《G・ボールパーク、これと合わせて使いたい《素早きは三文の徳》があります。

 

dandee.hatenablog.com

dandee.hatenablog.com

 

 

↑↑ の記事にも書いたとおり、《G・ボールパーク》で3体の同名通常モンスターを並べることで、《素早きは三文の徳》の発動条件を簡単に満たすことができます。

 

《素早きは三文の徳》で《B・F-早撃ちのアルバレスト》を3枚サーチすれば、《サモンチェーン》で増えた召喚権を最大限活用できそうです。

 

 

【《パラサイト・フュージョナー》】

 

 

また、《B・F-早撃ちのアルバレスト》で《パラサイト・フュージョナー》を蘇生できるのもおもしろいです。

 

効果モンスター
星1/闇属性/昆虫族/攻   0/守   0
このカードは、このカードの(1)の効果を適用する場合のみ融合素材にできる。
(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

《B・F-早撃ちのアルバレスト》+《パラサイト・フュージョナー》の2体で融合召喚できるのは、現状、次の3体です。

 

召喚獣ライディーン

《ミレニアム・アイズ・サクリファイス

E・HERO ブレイヴ・ネオス》

 

この時、リンクモンスターがいれば、《サイバース・クロック・ドラゴン》融合召喚することもできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【B・F】はあくまでシンクロテーマなので、融合ギミックを混ぜるのがいいかどうかは考え物ですが、高打点・ワンキル力を補う意味では良いかもしれませんね。

 

ではでは。