シムルグ デッキ【帝王の剣】

dandeです。

 

今回は、【シムルグ】のデッキ紹介です。

 

 

  目次

 

 

【シムルグについて】

 

 

《烈風の覇者シムルグ》等の【シムルグ】のキーカードについては、別記事にてまとめているので、そちらに譲ります。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

また、後にリンクモンスターの《王神鳥シムルグ》が登場し、【シムルグ】の構築は大きく変化しています。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【デッキレシピ】

 

 

風帝ライザー
烈風の覇者シムルグ2
ダークネス・シムルグ3
九蛇孔雀2
招神鳥シムルグ3
神鳥の霊峰エルブルズ3
テラ・フォーミング1
神鳥の来寇3
汎神の帝王1
帝王の烈旋3
強欲で金満な壺3
強欲で謙虚な壺3
RUM-七皇の剣1
墓穴の指名者3
ハーピィの羽根箒1
連撃の帝王3
ハーピィの羽根吹雪2

計40

【EX】

No.101 S・H・Ark Knight 3
CNo.101 S・H・Dark Knight 3
No.104 仮面魔踏士シャイニング3
CNo.104 仮面魔踏士アンブラル3
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド2
CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド1

 

【デッキ解説】

 

 

《神鳥の霊峰エルブルズ》による展開がメインです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

当初は、《神鳥の霊峰エルブルズ》に頼らない構築を目指したのですが、どうにも上手く回りませんでした。

 

最終的には、ドローソース・サーチカードを駆使し、《神鳥の霊峰エルブルズ》を安定して構える構築にシフトするという結果に。

 

 

相手ターンには《連撃の帝王》によるアドバンス召喚を狙っていきます。

 

永続罠
(1):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに
この効果を発動できる。
モンスター1体をアドバンス召喚する。

 

このデッキは、《ダークネス・シムルグ》+【鳥獣族】を構えることが重要なので、相手ターンにもアドバンス召喚し、《ダークネス・シムルグ》の自己再生を狙います。

 

dandee.hatenablog.com

 

特殊召喚を多用するデッキではないので、《強欲で謙虚な壺》もフル搭載し、《招神鳥シムルグ》《神鳥の来寇》を引く確率を上げました。

どちらかを引ければ《神鳥の霊峰エルブルズ》にアクセスでき、【シムルグ】の王道展開に持ち込めますね。

 

効果モンスター
星2/風属性/鳥獣族/攻1000/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「招神鳥シムルグ」以外の「シムルグ」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札から鳥獣族モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「シムルグ」モンスター2体を手札に加える(同じ属性は1体まで)。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札の鳥獣族モンスター1体を相手に見せる。
このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。

 

サーチカードをサーチできるっていいよね。回してて楽しいです。

 

 

【《RUM-七皇の剣》】

 

 

通常魔法
このカード名の効果はデュエル中に1度しか適用できない。
(1):自分のドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、そのターンのメインフェイズ1の開始時に発動できる。
「CNo.」以外の「No.101」~「No.107」のいずれかをカード名に含むモンスター1体を、自分のEXデッキ・墓地から選んで特殊召喚し、そのモンスターと同じ「No.」の数字を持つ「CNo.」モンスター1体を、そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

 

言わずと知れたこのカード。

 

引ければ一発逆転の可能性を秘めていますが、そう上手くは決まらないのも現実。

初手に来た《RUM-七皇の剣》を見て絶望した決闘者は多いと思います。

 

今回は、《強欲で金満な壺》を採用しているので、EXデッキの選定は雑でも許されます。どうせ除外されますからね。

 

dandee.hatenablog.com

 

そこで、《RUM-七皇の剣》に全振りする構築にしてみました。

たまにはこういうのも悪くない。

 

《RUM-七皇の剣》は、通常のドローで素引きできればもちろんいいですが、《強欲で金満な壺》等でドローしてしまう場合も考えられます。

 

そんな時には、《烈風帝ライザーが便利です。

 

効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。
そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

 

手札の《RUM-七皇の剣》をセットして、《烈風帝ライザー》の効果でデッキトップに戻すことで、次のターンに確定ドローできます。

もし、セットした《RUM-七皇の剣》が破壊されても、《烈風帝ライザー》は墓地のカードもデッキトップに戻せるので安心です。

 

 

どうしても《RUM-七皇の剣》を発動したいという決闘者は、《おろかな副葬》も採用しておけば、積極的にコンボが狙えますね。

 

解説は以上です。

 

ではでは。