ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

地縛超神官 デッキ【タツノオトシオヤ】

dandeです。

 

今回は、《地縛超神官》を取り上げます。

 

イラストは、アニメ「遊戯王5D’s」に登場するレクス・ゴドウィンをモデルにしていると思われ、効果もド派手ですね。

 

 

  目次

 

 

【《地縛超神官》】

 

 

f:id:dandee:20190608111348j:plain

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守2900
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):Sモンスターが自分のフィールド・墓地の両方に存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキ・墓地から「地縛神」モンスター1体を選んで手札に加える。
(3):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、「地縛神」モンスターが召喚された場合に発動できる。
相手のLPは3000になる。

 

最上級モンスターですが、(1)効果でSSできるため、積極的に狙っていきたいところ。

《ダーク・オカルティズム》に対応しており、このカード自体のサーチも容易です。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

基本的な使い方としては、(2)効果でサーチした【地縛神】を召喚し、(3)効果で相手のライフポイントを3000にした後で、【地縛神】のダイレクトアタックで勝負を決める、といったところでしょう。

 

攻撃力3000 以上の【地縛神】は、今のところ《地縛神Uru》《地縛神Ccapac Apu》の計2体です。

 

 

【《タツノオトシオヤ》】

 

 

チューナー・効果モンスター
星7/水属性/幻竜族/攻2100/守1400
このカードは幻竜族モンスターの効果でしか特殊召喚できない。
タツノオトシオヤ」の効果は1ターンに3度まで使用できる。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルを1つ下げ、自分フィールドに「タツノコトークン」(幻竜族・水・星1・攻300/守200)1体を特殊召喚する。

 

《地縛超神官》の(1)効果を使うために、今回は《タツノオトシオヤ》を採用しました。

 

効果でトークンを3体SSして、《源竜星-ボウテンコウ》⇒《瑚之龍》の順にシンクロ召喚することで、フィールド・墓地の両方にシンクロモンスターを置けます。

さらに、《地縛超神官》の(2)効果でサーチした【地縛神】のアドバンス召喚のコストに、《瑚之龍》+トークン1体を充てることもできるので、相性は抜群です。

 

タツノオトシオヤ》は、《邪竜星-ガイザー》の効果で、デッキからSSできますね。

 

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/幻竜族/攻2600/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「邪竜星-ガイザー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):自分フィールドの「竜星」モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

レベル7シンクロを出す方法は多数ありますが、今回は《バスター・スナイパー》を採用しました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

その理由は、召喚権の不足にあります。

 

 

【召喚権を増やす】

 

 

《地縛超神官》の(3)効果を使うには、【地縛神】を召喚するための召喚権を残しつつ、《地縛超神官》を場に出さなければいけません。

 

実際にデッキを仮組みしてみると、これがなかなか難しい。

 

そこで、召喚権を消費せずに《邪竜星-ガイザー》をシンクロ召喚する方法を考えることにしました。

 

最初に注目したのは、《脳開発研究所》でした。

 

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、通常召喚に加えて1度だけサイキック族モンスター1体を召喚できる。
この方法でサイキック族モンスターの召喚に成功した時、このカードにサイコカウンターを1つ置く。
また、自分フィールド上のサイキック族モンスターの効果を発動するためにライフポイントを払う場合、代わりにこのカードにサイコカウンターを1つ置く事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、このカードのコントローラーはこのカードに乗っていたサイコカウンターの数×1000ポイントダメージを受ける。

 

フィールド魔法は、【地縛神】デッキには必須ですが、その中でも召喚権を増やしてくれるカードは、《脳開発研究所》《光の霊堂》《化合電界》《機殻の要塞》《ヴァンパイアの領域》の計5枚しかありません。

 

《光の霊堂》も、【光属性・レベル1・チューナー】を追加召喚できて良さげなのですが、そこから《邪竜星-ガイザー》まで繋げるのが難しい。

 

《脳開発研究所》で追加召喚する【サイキック族】は、《サイキック・リフレクター》です。

 

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイキック族/攻 400/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたカードまたは「バスター・モード」1枚をデッキから手札に加える。
(2):手札の「バスター・モード」1枚を相手に見せ、「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記された自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、そのレベルを4つまで上げる。

 

これ1枚で《邪竜星-ガイザー》が出せますね。

 

そして、このカードに繋がるもう1枚のカードが、上述した《バスター・スナイパー》です。

 

 

さて、《バスター・スナイパー》は【獣戦士族】。

 

【獣戦士族】・【召喚権の追加】といえば、そう。

 

 

《炎舞-「天枢」》ですね。

 

永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えて獣戦士族モンスター1体を召喚できる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。

 

今回は素引きする形にしましたが、【炎星】要素を取り入れて、《炎舞-「天枢」》を積極的にサーチしていく構築もいいかもしれませんね。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

最後にデッキレシピを載せて終わります。

 

 

地縛神Ccapac Apu 1
地縛超神官3
トーチ・ゴーレム1
タツノオトシオヤ2
バスター・スナイパー3
バスター・ビースト1
サイキック・リフレクター3
増殖するG 3
脳開発研究所3
死皇帝の陵墓3
テラ・フォーミング1
ダーク・オカルティズム3
緊急テレポート2
炎舞-「天枢」3
炎舞-「天キ」2
墓穴の指名者3
死者蘇生1
ハーピィの羽根箒1
バスター・モード1

計40

【EX】

源竜星-ボウテンコウ1
瑚之龍2
月華竜ブラック・ローズ1
邪竜星-ガイザー2
輝竜星-ショウフク1
リンクリボー
アカシック・マジシャン2
セキュリティ・ドラゴン1
水晶機巧-ハリファイバー1
トロイメア・ユニコーン
鎖龍蛇-スカルデット1