ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

星の金貨【大暴落】

dandeです。

 

今回は、《星の金貨》を取り上げます。

 

普通に使えば、3:2交換でアド損ですが、相手の手札を増やしながらドローできる珍しいカードです。

 

 

  目次

 

 

【《星の金貨》】

 

 

f:id:dandee:20190608151424j:plain

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札を2枚選んで相手の手札に加える。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 

自分の手札の中から任意のカードを渡せるので、《マインドクラッシュ》等とのコンボが出来る他、《The suppression PLUTOとのコンボも強力です。

 

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2600/守2000
(1):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
相手の手札を全て確認し、その中に宣言したカードがあった場合、以下の効果から1つを選んで適用する。
●相手フィールドのモンスター1体を選んでコントロールを得る。
●相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。
その後、破壊したその魔法・罠カードを自分フィールドにセットできる。

 

《The suppression PLUTO》は、《ダーク・オカルティズム》でサーチできるので、コンボも決めやすいでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【《大暴落》とのコンボ】

 

 

先攻1ターン目に《星の金貨》を発動すると、相手の手札は7枚になります。

 

そのまま相手ターンに移れば、相手の手札は8枚。

 

つまり、《大暴落》の出番ですね。

 

通常罠
相手の手札が8枚以上ある時に発動する事ができる。
相手は手札を全てデッキに加えてシャッフルした後、カードを2枚ドローする。

 

決まれば、実質ハンデス

 

《大暴落》は、《トラップトリック》《悪魔嬢リリス》等で持って来れるので、コンボとしては比較的決めやすいでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

もし先攻1ターン目で決められなければ、《メタモルポット》等で相手の手札を増やして再度トライしましょう。

 

 

【ユニコールとの相性も良さそう】

 

 

星の金貨》は、相手の手札枚数を2枚増やします。

 

相手の手札枚数を調整しながら戦うデッキと言えば、【ユニコール・コントロール】ですね。

 

【ユニコール・コントロール】とは、《魔轟神獣ユニコール》シンクロ召喚して、自分と相手の手札枚数を同じにしながら、相手の使用カードをすべて無効にしていくコントロールデッキです。

 

シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/獣族/攻2300/守1000
「魔轟神」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在し、お互いの手札が同じ枚数である限り、相手が発動した魔法・罠・効果モンスターの効果は無効化され破壊される。

 

星の金貨》があれば、自分の手札が相手より多い時に、対応がしやすくなります。

 

また、【魔轟神】を相手に渡して《手札抹殺》を発動すれば、「手札から墓地へ捨てられた時」の効果を使えるのも相性が良いといえます。

 

 

※ 後日、デッキを組みました。 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。