ズシンビート【クライスターボ】

dandeです。

 

今回は、《眠れる巨人ズシン》を使ったデッキの紹介です。

 

 

  目次

 

 

【《眠れる巨人ズシン》】

 

 

f:id:dandee:20200110085652j:plain

特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/戦士族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
ズシンカウンターが10個置かれた自分のモンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、手札のこのカードをターン終了時まで相手に見せ、自分フィールドのレベル1通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターにズシンカウンターを1つ置く。
(2):このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):このカードがモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ、そのモンスターの攻撃力+1000の数値になる。

 

ロマンの塊ともいえるカード。

 

正規召喚が非常に難しいモンスターですが、今回はその抜け穴である《青天の霹靂》を使っています。

 

通常魔法
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
元々のレベルが10以下の通常召喚できないモンスター1体を、召喚条件を無視して手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、そのモンスター以外の自分のカードの効果を受けず、次の相手エンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。
このターン、自分はモンスターを通常召喚・特殊召喚できず、相手が受ける全てのダメージは0になる。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

眠れる巨人ズシン2
伝説のフィッシャーマン三世1
暗黒騎士ガイアロード3
真紅眼の黒竜2
魔晶龍ジルドラス1
光帝クライス1
G・B・ハンター1
D-HEROディスクガイ1
悪魔嬢リリス3
黒鋼竜1
青天の霹靂3
真紅眼融合3
戦士の生還2
強欲で金満な壺2
ハーピィの羽根箒1
天地開闢3
戦線復帰3
竜魂の幻泉3
リビングデッドの呼び声3
鎖付き真紅眼牙2
トラップトリック3

計44

【EX】

真紅眼の黒刃竜3
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン3
撃滅龍ダーク・アームド3
リンクリボー3
サクリファイス・アニマ3

 

 

【デッキ解説】

 

 

目指す動きは、《眠れる巨人ズシン》を《青天の霹靂》でSSし、《G・B・ハンター》の効果で、《青天の霹靂》のデメリットを打ち消し、《眠れる巨人ズシン》をフィールドに居座らせることです。

 

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いのプレイヤーはフィールド上のカードをデッキに戻す事はできない。

 

必要パーツを集めるために採用したのが【クライスターボ】ギミック。

 

dandee.hatenablog.com

 

《光帝クライス》のドロー効果に注目し、《リビングデッドの呼び声》で《光帝クライス》を蘇生して2ドローするギミックですね。

 

 

《眠れる巨人ズシン》《G・B・ハンター》《光帝クライス》は、ともに【戦士族】なので、《天地開闢》で墓地に送ることができます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

また、《真紅眼融合》で《真紅眼の黒刃竜》を融合召喚するときにも、デッキから【戦士族】を墓地に送ることができます。

 

 

これらで必要パーツを揃えていくのが、デッキの主な動きです。

 

 

《G・B・ハンター》を蘇生できる《戦線復帰》も、《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》で持って来れますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《伝説のフィッシャーマン三世》は、《眠れる巨人ズシン》と同じ【戦士族】であり、かつ《青天の霹靂》でSSできます。

 

特殊召喚・効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2500/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「伝説のフィッシャーマン」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て除外する。
このターンこのカードは攻撃できない。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、魔法・罠カードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
除外されている相手のカードを全て墓地に戻し、このターン、相手が受ける戦闘・効果ダメージは1度だけ倍になる。

 

《光帝クライス》の効果で除去できないモンスターを除外していく役割ですね。

効果耐性を持っているので、戦線維持にも役立ちます。

 

解説は、以上です。

 

ではでは。