地霊媒師アウス【ATK1850以下の地属性をサーチ】

dandeです。

 

今回は、4月23日発売予定の POWER OF THE ELEMENTS に収録される《地霊媒師アウス》を取り上げます。

 

 

 

 

【《地霊媒師アウス》】

 

 

 

効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻1850/守1500
このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
元々の種族が捨てたモンスターのいずれかと同じで、攻撃力が1850以下の地属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分の地属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

 

唐突に現れた【地属性】版の《風霊媒師ウィン》

何がとは言いませんが、やたら大きいですね。

 

 

 

【サーチ条件が厳しい】

 

 

あちらとは違って《地霊媒師アウス》には厳しいサーチ条件が付いています。【地属性】のカードプールの多さや汎用性を考えれば仕方ないといえるでしょう。

 

 

 

 

まず、捨てたモンスターの種族と同じモンスターしかサーチできないのがポイント。

《地霊媒師アウス》自身も含めるので【地属性・魔法使い族】はサーチできますが、それ以外の種族をサーチしたい時はデッキ構築に工夫が必要ですね。

 

 

次に、攻撃力1850以下しかサーチできないのも厳しいところ。

強力な【地属性】には攻撃力が高いものが多いので、この制約は《地霊媒師アウス》の使い勝手を大きく落としそうです。

 

ちなみにサーチ可能な【地属性・魔法使い族】には、制限・準制限・無制限を反復横跳びする《マスマティシャン》や、コンボに活用できそうな《太陽の魔術師エダ》などがいます。

 

 

 

 

【カラクリ無限起動で使いたい】

 

 

個人的には、デッキ内の種族を統一しやすい【地属性・機械族】テーマを軸としたデッキで使いたいです。

 

手持ちのデッキで言えば【カラクリ無限起動】がありますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

初動のモンスターが低攻撃力なので、《地霊媒師アウス》の制約もそこまで気になりません。

 

遊戯王 STBL-JP020-R 《カラクリ商人 壱七七》 Rare

遊戯王 STBL-JP020-R 《カラクリ商人 壱七七》 Rare

  • コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
Amazon

 

無限起動ハーヴェスター ノーマル 遊戯王 インフィニティ・チェイサーズ dbic-jp001

無限起動ハーヴェスター ノーマル 遊戯王 インフィニティ・チェイサーズ dbic-jp001

  • コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
Amazon

 

 

【ズシンもサーチできる】

 

 

単体のカードで見ると《眠れる巨人ズシン》がサーチ対象なのは面白いですね。

 

 

アニメの演出などもあり、根強いファンが多いカードです。

実戦では正規召喚がかなり難しく、《究極完全態グレートモス》とよく比較されます。私も正規ルートで出せたことがありません。

 

 

《眠れる巨人ズシン》を実戦で使う場合は《青天の霹靂》によるSSを狙うのが一般的です。「召喚条件を無視してSS」という最強ムーブ。

 

 

《青天の霹靂》の効果でSSした《眠れる巨人ズシン》は相手エンドフェイズにデッキに戻ってしまいますが、戻るタイミングで《G・B・ハンター》をSSしてやれば《眠れる巨人ズシン》はそのまま場に残ります。

 

遊戯王 RGBT-JP039-NR 《G・B・ハンター》 N-Rare

遊戯王 RGBT-JP039-NR 《G・B・ハンター》 N-Rare

  • コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
Amazon

 

《地霊媒師アウス》のコストとして《G・B・ハンター》を捨てれば《眠れる巨人ズシン》をサーチできるので、《リビングデッドの呼び声》などの蘇生カードがあればコンボが完成しますね。

 

 

あくまでカジュアルコンボなので、実用性はあまりありませんが狙ってみてはどうでしょうか。

 

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。