ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

ジャンク・コンバーター【生きる調律】

dandeです。

 

今回は、11月9日発売予定のデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-に収録される《ジャンク・コンバーター》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《ジャンク・コンバーター》】

 

 

f:id:dandee:20191109111206j:plain

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 400/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードとチューナー1体を捨てて発動できる。
デッキから「シンクロン」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

 

(1)効果は、デッキから【シンクロン】をサーチできる効果で、まさに生きる《調律》。

 

ただ、コストが重く、《灰流うらら》や《墓穴の指名者》をうたれると大打撃になるので、発動タイミングは慎重に選びましょう。

 

 

【連続シンクロへ繋げる】

 

 

《ジャンク・コンバーター》の(2)効果は、チューナーを蘇生できる効果です。

 

(1)効果でサーチした《ジャンク・シンクロン》の効果で、《ジャンク・コンバーター》をSSする動きが強力。

 

《星杯の神子イヴ》を使った【星遺物】ギミックを絡めることで、《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》までいけますね。

 

f:id:dandee:20191109122733j:plain

 《ジャンク・コンバーター》の効果で、自身とチューナー1体を捨てて、デッキから《ジャンク・シンクロン》をサーチ

⇒《ジャンク・シンクロン》を通常召喚し、効果で墓地から《ジャンク・コンバーター》をSS

⇒《ジャンク・シンクロン》+《ジャンク・コンバーター》の2体で、《星杯の神子イヴ》をシンクロ召喚し、効果でデッキから《星遺物を継ぐもの》をサーチ

⇒《ジャンク・コンバーター》の効果で、墓地から《ジャンク・シンクロン》をSS

⇒《星杯の神子イヴ》+《ジャンク・シンクロン》の2体で、《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でデッキから《ジェット・シンクロン》をSS

⇒《星杯の神子イヴ》の効果で、デッキから《星杯に誘われし者》をSS

⇒《ジェット・シンクロン》+《星杯に誘われし者》の2体で、《TGハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚

⇒《星遺物を継ぐもの》を発動し、墓地から《星杯に誘われし者》をSS

⇒《ジェット・シンクロン》の効果で、手札を1枚捨てて墓地から自身をSS

⇒《ジェット・シンクロン》+《星杯に誘われし者》の2体で、《TGハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚

 

(相手ターンに…)

 

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で、自身を除外して《フォーミュラ・シンクロン》をSS

⇒《フォーミュラ・シンクロン》の効果で、自身+《TGハイパー・ライブラリアン》×2の3体で、《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》をシンクロ召喚

 

このように、連続シンクロに繋げられます。

 

もちろん、【ジャンクドッペル】ではもっとえげつない展開があると思いますが、私の力ではこれが限界です。

 

ではでは。