ふわんだりぃず デッキ【BF混合型】

dandeです。

 

今回は、話題の新テーマ【ふわんだりぃず】のデッキ紹介です。

 

 

連続召喚をするテーマということで、《黒い旋風》を擁する【BF】との混合型を考えてみました。

 

 

 

 

【デッキレシピ】

 

 

まずはデッキレシピから。

 

f:id:dandee:20210720134412j:plain

 

ふわんだりぃず×すのーる2
ふわんだりぃず×えんぺん2
烈風帝ライザー1
BF-激震のアブロオロス3
BF-毒風のシムーン3
ふわんだりぃず×いぐるん3
ふわんだりぃず×ろびーな3
ふわんだりぃず×とっかん1
BF-残夜のクリス1
BF-月影のカルート3
BF-疾風のゲイル1
BF-大旆のヴァーユ2
ふわんだりぃずと謎の地図3
ふわんだりぃずと未知の風3
黒い旋風3
テラ・フォーミング1
強欲で謙虚な壺3
ワンチャン!? 2
ハーピィの羽根帚1
ふわんだりぃずと怖い海1
ゴッドバードアタック2

計44

【EX】

LL-アンサンブルー・ロビン1
LL-リサイト・スターリング1
BF-星影のノートゥング1
BF-アーマード・ウィング1
BF-驟雨のライキリ1
BF-孤高のシルバー・ウィンド2
BF-フルアーマード・ウィング2
サクリファイス・アニマ1
I:P マスカレーナ1
水晶機巧ーハリファイバー1
王神鳥シムルグ1
トロイメア・ユニコーン1
アクセスコード・トーカー1

 

 

【デッキ解説】

 

 

今回のキーカードは《黒い旋風》。

 

 

【BF】が召喚されるたびに【BF】をサーチできるパワーカード。

【鳥獣族】の召喚をひたすら繰り返す【ふわんだりぃず】展開に【BF】を混ぜることで大量サーチができます。

 

特に、召喚権を3回に増やす《ふわんだりぃず×すのーるがポイント。

 

 

 

《黒い旋風》下でアドバンス召喚し、【BF】を連続召喚すれば《BF-月影のカルート》の大量サーチが可能になります。

 

BF-月影のカルート 遊戯王 ブースターSP トライブ・フォース(SPRG) シングルカード

 

カルートで《BF-激震のアブロオロス》を強化しつつワンショットキルに持ち込むのが狙いです。

 

 

 

《BF-激震のアブロオロス》は、【BF】でただ一人《ふわんだりぃずと未知の風》に対応する最上級モンスターであり、相手の伏せ除去・モンスターの正面突破も兼ねる優れもの。【ふわんだりぃず】で突破しづらいところを補ってくれますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

さらに《ふわんだりぃず×いぐるん》によるサーチも可能です。普通の【BF】には入らないカードですが、活かせるデッキが見つかりました。

 

 

 

《黒い旋風》でサーチした【BF】は、《ふわんだりぃずと未知の風》の手札交換に使えるのもいいです。

 

未知の風と旋風による風のコンボ。

 

 

【《BF-毒風のシムーン》の活用】

 

 

このデッキでは、《BF-毒風のシムーン》を採用しています。

 

 

《BF-毒風のシムーン》の効果を使ったターンはEXデッキからのSSが制限されますが、これは【ふわんだりぃず】の制約と重なっているのがポイントです。

 

《BF-毒風のシムーン》の効果で《黒い旋風》を置き、《ふわんだりぃず×いぐるん》を召喚して《BF-激震のアブロオロス》をサーチしてアドバンス召喚すれば、《黒い旋風》でさらにサーチできますね。

 

《BF-大旆のヴァーユ》は、《ワンチャン!?》との兼ね合いで採用。

 

BF-大旆のヴァーユ ノーマル 遊戯王 トライブ・フォース sptr-jp039

BF-大旆のヴァーユ ノーマル 遊戯王 トライブ・フォース sptr-jp039

  • コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
Amazon

 

 

《ふわんだりぃずと謎の地図》がある状態で《BF-大旆のヴァーユ》を通常召喚して《ワンチャン!?》を発動 ⇒《ふわんだりぃず×ろびーな》をサーチ ⇒《ふわんだりぃずと謎の地図》の効果で《ふわんだりぃず×ろびーな》を召喚、という流れができるからです。

 

 

 

 

 

もちろん《BF-大旆のヴァーユ》の墓地効果で【BF】シンクロモンスターをSSしてワンショットキルの補助とすることも。

 

遊戯王カード BF-孤高のシルバー・ウィンド DP11-JP015R

遊戯王カード BF-孤高のシルバー・ウィンド DP11-JP015R

  • コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
Amazon

 

デッキ解説は以上です。

 

ではでは。