ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

転生炎獣ガゼル 【新たな展開の起点】

dandeです。

 

今回は、12月8日発売予定のストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-に登場する《転生炎獣ガゼル》を取り上げます。

 

【転生炎獣】の展開の起点となる新たな下級モンスターであり、デッキを組む上で重要なカードです。

 

 

 

  目次

 

 

【《転生炎獣ガゼル》】

 

 

 

 効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

 

(1)効果により、容易にSSすることができ、そのまま(2)効果による墓地肥やしに繋げられるので、非常に強力です。

 

 

【(1)効果について】

 

 

 

「自分の墓地に送られた場合」なので、リンク召喚で墓地に送られた場合はもちろん、《転生炎獣ミーア》などの効果で手札コストとしてモンスターが墓地へ送られた場合でも発動できます。

初動のほぼ全てに反応してSSできるので、かなり緩い発動条件と言ってよいでしょう。

 

 

【(2)効果について】

 

 

 

以前、《コード・ジェネレーター》による墓地肥やしが、【転生炎獣】にとって有用であることを記事にしました。

 

dandee.hatenablog.com

 

また、別記事では《おろかな副葬》が【転生炎獣】の展開を補うカードであると紹介しました。

《転生炎獣ガゼル》の(2)効果は、これらを1枚でカバーしてしまう優秀な効果です。

 

《転生炎獣スピニー》を落とせば、ランク3・《転生炎獣ミラージュスタリオ》などに繋げられますし、《フュージョン・オブ・ファイア》を落とせば、《転生炎獣サンライトウルフ》などで回収して《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の融合召喚に繋げられます。

 

このように、従来の【転生炎獣】の動きの大半が、《転生炎獣ガゼル》により加速することになります。

 

 

【まとめ】

 

 

 

《転生炎獣ガゼル》自体は、《転生炎獣の炎陣》でのサーチ、《炎星候-ホウシン》のリクルートに対応しており、フィールドに出すことは難しくありません。

 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を手札に加える。
●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

 

リンク軸にせよ、エクシーズ軸にせよ、【転生炎獣】デッキには3枚必須となるカードだと思います。

 

展開パターンは多数ありますが、デッキタイプを見ながら選択していくと良いでしょう。

 

ではでは。