ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

転生炎獣ミラージュスタリオ 【転生炎獣 エクシーズ】

dandeです。

 

今回は、12月8日発売予定のストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-に収録される《転生炎獣ミラージュスタリオ》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《転生炎獣ミラージュスタリオ》】

 

  

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/炎属性/サイバース族/攻2000/守 900
レベル3モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性モンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):X召喚したこのカードが「サラマングレイト」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

EXデッキに入る【転生炎獣】としては、リンク・融合に続く初のエクシーズモンスターとなります。

《転生炎獣ガゼル》の効果で《転生炎獣スピニー》を墓地に送れば、X召喚まで繋げられますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【(1)効果の注意点】

 

 

(1)効果でSSする【転生炎獣】にレベル制限はないため、《転生炎獣Bバイソン》などの上級モンスターもSSできます。

 

デメリットとして、この効果の発動後は炎属性モンスター以外のモンスター効果を発動できなくなるため、【サイバース族】リンクモンスターと併用する場合には要注意です。

【転生炎獣】は、《クイック・スパルトイ》などを絡めた《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》によるワンキルルートがあるので、上記のデメリットが刺さるケースが割と起こります。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【(1)効果による展開】

 

  

基本的には、(1)効果でSSしたモンスターと《転生炎獣ミラージュスタリオ》の2体で《転生炎獣サンライトウルフ》をリンク召喚する流れになろうかと思います。

 

dandee.hatenablog.com

 

そこまでの過程で《転生炎獣ベイルリンクス》のリンク召喚もできているはずなので、相手の妨害がなければ《転生炎獣の聖域》も手札にあります。

つまり、《転生炎獣サンライトウルフ》の転生リンク召喚で、墓地の【サラマングレイト】魔法・罠を手札に加えられるわけです。

 

魔法・罠の回収は、《転生炎獣ファルコ》でも可能なので、手札・墓地のカードを見ながら展開を考えていくことになります。

特に、《サラマングレイト・ロアー》を場に用意できるかどうかが、盤面の堅さを大きく左右するので、意識したいところです。

 

dandee.hatenablog.com

 

このように、魔法・罠を回収することで、盤面を固められるので、《転生炎獣ガゼル》の(2)効果は魔法・罠カードを墓地に送るために使いたいところです。

《転生炎獣スピニー》を落として《転生炎獣ミラージュスタリオ》をX召喚するのは、最適解ではないかもしれませんね。

 

《SRベイゴマックス》などの【転生炎獣】以外のモンスターを使って《転生炎獣ミラージュスタリオ》をX召喚し、効果で《転生炎獣ガゼル》をSSする流れが理想でしょうか。

 

ではでは。