ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

転生炎獣フォウル 【真炎の爆発 対応】

dandeです。

 

今回は、12月8日発売予定のストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-で登場する《転生炎獣フォウル》を取り上げます。

 

なんといっても、その最大の特徴は、『炎属性・守備力 200』という魔法のステータス。《真炎の爆発》に対応しています。

 

通常魔法
自分の墓地から守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。

 

以前、《真炎の爆発》を採用した【転生炎獣】デッキを紹介しましたが、この時は《真炎の爆発》に対応した【転生炎獣】はいませんでした。

 

dandee.hatenablog.com

 

怒涛の新規情報の中にしれっと紛れ込ませる辺り、公式のいたずら心が感じられます。その調子でもっと出してくださいね。

 

前置きが長くなりましたが、内容を見ていきましょう。

 

 

  目次

 

 

【《転生炎獣フォウル》】

 

 

 

効果モンスター
星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守 200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「転生炎獣フォウル」以外の「サラマングレイト」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札及び自分のフィールドの表側表示のカードの中から、「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送り、相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのセットされた魔法・罠カードは発動できない。

 

おまけ程度に見える(2)効果にも、手札でかさばった《転生炎獣Jジャガー》などを墓地に送るという役割があります。

伏せカードを封じながら展開できるので、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》を絡めたワンキルムーブをする場合にも重宝するでしょう。

(2)効果には回数制限がないので、使用済みの《転生炎獣の意志》などを有効活用できるのもポイントです。

 

 

【《真炎の爆発》対応の転生炎獣】

 

 

 

《転生炎獣フォウル》はレベル4なので、《レッド・リゾネーター》とシンクロすることで、《炎星候-ホウシン》をS召喚できます。

 

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2200/守2200
炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。

 

《炎星候-ホウシン》の効果で、デッキから《転生炎獣ガゼル》をSSすることで、さらなる展開に繋げることができます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

【(1)効果について】

 

 

 

(1)効果は、非常に強力であり、【転生炎獣】2体を並べれば《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の融合召喚ができる【転生炎獣】デッキにとっては、かなり重宝します。

具体的な展開ルートについては、下記の記事を参照ください。

 

dandee.hatenablog.com

 

《転生炎獣ガゼル》の効果で《フュージョン・オブ・ファイア》を容易に墓地に送れるようになったため、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の転生融合時の効果もさらに狙いやすくなりました。

 

 

【まとめ】

 

 

 

今回のストラクチャーデッキで、【転生炎獣】デッキの構築は、基本から見直されることになるでしょう。

特に、転生リンクに関する強化が顕著で、《転生炎獣の聖域》を軸としたデッキが今後の主流になっていくと思われます。

 

今回紹介したシンクロを軸とした構築は、マイナーな部類になってしまったと思いますが、レベル3の新規モンスターの効果が強力なので、【3軸炎星】ならぬ【3軸転生】というデッキを組んでみても面白いかもしれませんね。

 

ではでは。