ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

【転生炎獣】と【コード・トーカー】の混合デッキに秘められた可能性

【スポンサーリンク】

dandeです。

 

先日、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》について記事を書きました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

上記記事を書いた後に、【コード・トーカー】との混合型という可能性もあるかと思い、考えてみました。

 

きっかけは、《コード・ジェネレーター》の墓地肥やし効果です。

 

効果モンスター
星3/地属性/サイバース族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。
フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。 

 

「攻撃力1200以下」の【転生炎獣】には、《転生炎獣ファルコ》《転生炎獣フォクシー》があり、ともに墓地に送っておきたいモンスターです。

 

展開の起点として、《コード・ジェネレーター》は優秀だと思いました。

 

次に注目したのが、《コード・ラジエーター》です。

 

効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは攻撃力が0になり、効果は無効化される。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはこの効果の対象を2体にできる。 

 

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》は、相手モンスターの攻撃力が変化している場合に、攻撃力を倍にできるので、《コード・ラジエーター》と相性が良いです。

 

《トランスコード・トーカー》をリンク召喚して、その効果で墓地の《転生炎獣サンライトウルフ》か《転生炎獣ヒートライオ》を蘇生すれば、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の融合条件を整えることができます。

 

また、《トランスコード・トーカー》と《転生炎獣ヒートライオ》は、相互リンクの関係にあるので、単に並べてビートするだけでも強いかもしれませんね。

 

ではでは。