ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

戦華の仲-孫謀【壊獣をバウンス】

dandeです。

 

今回は、《戦華の仲-孫謀》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《戦華の仲-孫謀》】

 

 

f:id:dandee:20191029081835j:plain

効果モンスター
星4/水属性/獣戦士族/攻1800/守1500
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「戦華の仲-孫謀」以外の「戦華」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

【戦華】のサーチ要員。

 

(2)効果は、《戦華の徳-劉玄》と同様、発動条件が緩く、展開の起点として優秀です。

 

f:id:dandee:20191031004650j:plain

効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻1400/守1200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「戦華の徳-劉玄」以外の「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

(1)効果も、《戦華の徳-劉玄》と相性が良いですね。

2体を並べることで、攻撃ロックがかかります。

 

 

【バウンス効果を活かす】

 

 

《戦華の仲-孫謀》の(3)効果は、相手フィールド上のモンスターをバウンスする効果です。

 

こういう効果と相性が良いのは、【壊獣】ですね。

相手フィールド上に出した【壊獣】をバウンスすることで、再びその効果で相手モンスターをリリースすることができます。

 

【壊獣】の中でも、特に相性が良いのが《海亀壊獣ガメシエル》

 

効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2200/守3000
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 

ポイントは、その属性と種族。

 

【戦華】は、発動コストの都合上、永続魔法を必要とします。

そして、【戦華】のうちいわゆる「呉」勢は、すべて【水属性】であり、《水舞台》で戦闘破壊耐性を付与できます。

 

永続魔法
(1):自分フィールドの水属性モンスターは、水属性以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドの「アクアアクトレス」モンスターは相手モンスターの効果を受けない。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

 

《戦華の仲-孫謀》の(3)効果のコストとして《水舞台》を墓地に送ると、《水舞台》の(3)効果で墓地の【水族】モンスターを蘇生できます。

 

そう、《海亀壊獣ガメシエル》は、【水族】なのです。

 

【壊獣】関連カードで壊獣カウンターを確保しておけば、《海亀壊獣ガメシエル》の(4)効果で、相手の行動を抑制できますね。

【戦華】は、相手のカードを無効にする動きが乏しいので、そういう意味でも相性が良いです。

 

ではでは。