ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

幻獣機アウローラドン【シンクロ召喚は加速する】

dandeです。

 

今回は、11月23日発売予定のリンクヴレインズパック3に収録される《幻獣機アウローラドン》を取り上げます。

 

《風霊媒師ウィン》など、最近の【風属性】への追い風がすごい。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

 

【《幻獣機アウローラドン》】

 

 

f:id:dandee:20191123120245j:plain

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下/右下】
機械族モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。
このターン、自分はリンク召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターを3体までリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。
●1体:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●2体:デッキから「幻獣機」モンスター1体を特殊召喚する。
●3体:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。

 

初の【幻獣機】リンクモンスター。

 

過去には《ベルキャットファイター》という【幻獣機】を意識したリンクモンスターがいましたが、リンクマーカーの向きも不遇でした。

 

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/機械族/攻2000
【リンクマーカー:上/左/右】
トークンを含むモンスター3体
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分フィールドに「ベルキャットトークン」(機械族・風・星4・攻/守2000)1体を守備表示で特殊召喚する。

 

《幻獣機アウローラドン》は、下にも横にもリンクマーカーがあり、非常に優秀です。

 

【機械族】リンクモンスターには、《水晶機巧-ハリファイバー》《プラチナ・ガジェット》《HSR-GOMガン》など、汎用かつ優秀なものが多いですが、その大半がリンク2でした。

 

《幻獣機アウローラドン》の登場で、リンク3まで展開を広げられることになり、汎用リンクモンスターとしても活躍できそうです。

 

 

【S召喚・X召喚には制約なし】

 

 

《幻獣機アウローラドン》の(1)効果は、幻獣機トークンを3体SSするという豪快なもの。

 

当然ですが、発動後のリンク召喚には制約がかかります。

トークンを3体もSSしたら、またリンク3出ちゃいますからね。仕方ない。

 

ただ、シンクロ召喚・エクシーズ召喚には制約がかからないため、(2)効果でデッキから【幻獣機】チューナーをSSすれば、続けてシンクロ召喚ができます。

下級【幻獣機】のレベルは、幻獣機トークンのレベルの合計分だけ上がるので、【列車】などの高ランクのエクシーズ召喚を狙ってもいいですね。

 

【幻獣機】チューナーの筆頭は、汎用カードとしても使われる《幻獣機オライオン》

 

f:id:dandee:20191124120841j:plain

 

 

《幻獣機アウローラドン》は、素材指定が緩いので、《水晶機巧-ハリファイバー》+《幻獣機オライオン》で出せます。

 

リンク素材としても、後続で呼んでくる【幻獣機】としても優秀なので、《幻獣機オライオン》の出張性能は、さらに上がりました。

《BF-隠れ蓑のスチーム》みたいに、禁止になりそうで怖い。

 

 

シンクロ召喚は加速する】

 

 

《幻獣機アウローラドン》の登場により、【カラクリ】は新たな展開手段を手に入れました。

 

以前から展開力は高かったので、やや既視感はありますが、《幻獣機オライオン》+【星遺物】ギミックを取り入れた【カラクリ】が最適解になりつつあります。

 

個人的には、【無限起動】と混ぜた構築が好きなんですが、さすがにパワー差を感じますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

そこで、展開例をひとつ紹介します。

 

 

f:id:dandee:20191119195044j:plain

 

 

・《カラクリ小町 弐弐四》+《カラクリ商人 壱七七》

 

 最終盤面:《幻獣機アウローラドン》+《ヴァレルロード・S・ドラゴン》+《カラクリ大権現 無零武》+《ナチュル・ビースト》

 

 

 《カラクリ小町 弐弐四》を通常召喚

⇒《カラクリ商人 壱七七》を追加召喚し、効果でデッキから《カラクリ蝦蟇油》をサーチ

⇒《カラクリ小町 弐弐四》+《カラクリ商人 壱七七》の2体で、《星杯の神子イヴ》をシンクロ召喚し、効果でデッキから《星遺物を継ぐもの》をサーチ

⇒《カラクリ蝦蟇油》を発動し、墓地から《カラクリ商人 壱七七》をSS

⇒《星杯の神子イヴ》+《カラクリ商人 壱七七》の2体で、《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》の効果でデッキから《カラクリ小町 弐弐四》をSS、《星杯の神子イヴ》の効果でデッキから《星遺物-『星杯』》をSS

⇒《カラクリ小町 弐弐四》+《星遺物-『星杯』》の2体で、《カラクリ大将軍 無零怒》をシンクロ召喚し、効果でデッキから《カラクリ蝦蟇 四六弐四》をSS

⇒《カラクリ大将軍 無零怒》+《カラクリ蝦蟇 四六弐四》の2体で、《カラクリ大権現 無零武》を(左下のリンク先に)シンクロ召喚し、効果でデッキから任意の【カラクリ】をSS

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》+上記の【カラクリ】の2体で、《幻獣機アウローラドン》をリンク召喚し、幻獣機トークンを3体SS

⇒《幻獣機アウローラドン》の(2)効果で、トークン2体をリリースしてデッキから《幻獣機オライオン》をSS

⇒《幻獣機オライオン》+トークン1体で、《アクセル・シンクロン》をシンクロ召喚

⇒《幻獣機オライオン》の効果で幻獣機トークン1体SS

⇒《アクセル・シンクロン》の効果で、デッキから《ジェット・シンクロン》を墓地へ送り、自身のレベルを1下げる

⇒《アクセル・シンクロン》+幻獣機トークン1体で、《カラクリ将軍 無零》をシンクロ召喚し、効果でデッキから《カラクリ参謀 弐四八》をSS

⇒《カラクリ参謀 弐四八》の効果で自身の表示形式を変更

⇒《カラクリ大将軍 無零武》の効果で、相手フィールドのカード1枚を除外

⇒墓地の《ジェット・シンクロン》の効果で、手札1枚捨てて墓地から自身をSS

⇒《カラクリ将軍 無零》+《ジェット・シンクロン》の2体で、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚し、効果で墓地の《水晶機巧-ハリファイバー》を装備

⇒《星遺物を継ぐもの》を発動し、墓地から《カラクリ商人 壱七七》をSS

⇒《カラクリ参謀 弐四八》+《カラクリ商人 壱七七》の2体で、《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚

 

 

《星遺物-『星杯』》は【機械族】なので、もともと【カラクリ】との相性は良く、不純物とはいえ邪魔にはなりません。

 

【カラクリ】の典型的な初動札から作れる盤面としては、なかなか硬いのではないでしょうか。

 

ではでは。