スターダスト+スクラップを使ったバスブレ展開ルート【少考察】

dandeです。

 

今回は、強化された【スクラップ】と、新規情報が判明した【スターダスト】を使った【バスター・ブレイダー】展開を紹介します。

 

前回の少考察は、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

 

【展開に必要なパーツ】

 

 

f:id:dandee:20210213135154j:plain


展開に必要なパーツを使用順に並べてみました。

 

ここに新規カードの《スターダスト・シンクロン》《想い集いし竜》《光来する奇跡》が入ります。

 

 

【スターダストの強化】

 

 

上記の新規のうち、最も重要なのは《スターダスト・シンクロン》でしょう。

 

 

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

墓地から自己再生でき、《スターダスト・ドラゴン》のカード名が記された魔法・罠カードをサーチする効果を持ちます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

サーチ候補としては《光来する奇跡》が優秀ですね。

 

 

永続魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、手札・デッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):お互いにフィールドの「スターダスト・ドラゴン」及びそのカード名が記されたSモンスターをEXデッキに戻す事はできない。
(3):Sモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、自分の「光来する奇跡」の効果で同じ効果を適用できない。
●自分はデッキから1枚ドローする。
●手札からチューナー1体を特殊召喚する。 

 

《想い集いし竜》をデッキトップに置いた後にシンクロ召喚を行うことで、《想い集いし竜》をドロー ⇒《想い集いし竜》を自身の効果でSS、という流れが可能です。

 

 

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
自分は「想い集いし竜」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、このカードをS素材とする場合、「セイヴァー」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、さらにデッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を特殊召喚できる。

 

 

【バスブレとの関係】

 

 

《想い集いし竜》でリクルートできるモンスターの中に、【バスター・ブレイダー】のキーカード・《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》がいるのが今回のポイント。

 

 

 

また、《光来する奇跡》でデッキトップに《破壊剣士の伴竜》を置いてドローすれば、実質サーチとすることもできるので、【バスター・ブレイダー】と【スターダスト】は相性が良いと思います。

 

 

 

《想い集いし竜》と《破壊剣士の伴竜》が《光の霊堂》を共有できるのも面白いですね。

 

 

 

【スクラップの強化】

 

 

先日強化された【スクラップ】のキーカードは《スクラップ・ラプター》です。

 

 

 

このカード1枚から《スクラップ・リサイクラー》《スクラップ・キマイラ》を召喚でき、《スクラップ・ワイバーン》まで繋げられるのがポイントです。

 

 

 

 

 

《スクラップ・リサイクラー》の効果で《スターダスト・シンクロン》を落とせるのも好相性です。

 

 

【展開ルート】

 

 

前置きが長くなりましたが、これらのカードを使った展開ルートを紹介します。

 

必 要 札  :《スクラップ・リサイクラー》+《スクラップ・ファクトリー》

最終盤面:《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》(《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を装備)+《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》+《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》+《想い集いし竜》+《光来する奇跡》

 

 

 《スクラップ・リサイクラー》を通常召喚し、効果でデッキから《幻獣機オライオン》を墓地へ送る

 

 

⇒《幻獣機オライオン》の効果で、幻獣機トークンをSS

⇒《スクラップ・リサイクラー》+幻獣機トークンの2体で《スクラップ・ワイバーン》をリンク召喚

⇒《スクラップ・ファクトリー》を発動

 

 

⇒《スクラップ・ワイバーン》の効果で、墓地から《スクラップ・リサイクラー》をSSしてそのまま破壊

⇒チェーン1:《スクラップ・ワイバーン》

 チェーン2:《スクラップ・ファクトリー》の順に処理

 《スクラップ・ファクトリー》の効果で、デッキから《スクラップ・ゴーレム》をSSし、《スクラップ・ワイバーン》の効果で、デッキから《スクラップ・ラプター》をSSして《スクラップ・ファクトリー》を破壊

 

 

⇒《スクラップ・ラプター》の効果で、自身を破壊してデッキから《スクラップ・キマイラ》をサーチ

⇒《スクラップ・キマイラ》を追加召喚し、効果で墓地から《スクラップ・ラプター》をSS

⇒《スクラップ・キマイラ》+《スクラップ・ラプター》の2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でデッキから《ブンボーグ001》をSS

 

 

⇒《スクラップ・ゴーレム》の効果で《スクラップ・リサイクラー》をSS

⇒《スクラップ・リサイクラー》の効果でデッキから《スターダスト・シンクロン》を落とす

⇒《スクラップ・ゴーレム》+《ブンボーグ001》の2体で《ドロドロゴン》をシンクロ召喚

 

 

⇒《ドロドロゴン》の効果で、《ドロドロゴン》+《スクラップ・ワイバーン》の2体を墓地に送り《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》を融合召喚

 

 

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》+《スクラップ・リサイクラー》の2体で《幻獣機アウローラドン》をリンク召喚し、効果で幻獣機トークン3体をSS

 

 

⇒墓地から《ブンボーグ001》を自身の効果でSS

⇒《幻獣機アウローラドン》の効果で、自身と幻獣機トークン1体をリリースしてデッキから《幻獣機オライオン》をSS

⇒《幻獣機オライオン》+幻獣機トークンの2体で《ガーデン・ローズ・メイデン》をシンクロ召喚

 

 

⇒墓地の《スターダスト・シンクロン》の効果で、《ガーデン・ローズ・メイデン》をリリースして自己再生

⇒《スターダスト・シンクロン》の効果で、デッキから《光来する奇跡》をサーチ

⇒《スターダスト・シンクロン》+幻獣機トークンの2体で《妖精竜エンシェント》をシンクロ召喚

 

 

⇒《光来する奇跡》を発動し、《想い集いし竜》をデッキトップに置く

⇒《ブンボーグ001》+《妖精竜エンシェント》の2体で《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》をシンクロ召喚

 

 

⇒《光来する奇跡》の効果で1ドロー

⇒ドローした《想い集いし竜》の効果で、自身をSSし、デッキから《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》をSS

⇒《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》+《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》の2体で《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》をシンクロ召喚

 

 

⇒墓地の《ガーデン・ローズ・メイデン》の効果で、墓地から《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》をSS

 

(相手ターン)

 

 《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》の効果で、墓地の《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》に装備 

 

 

効果発動&攻撃不可+EXデッキからのSS不可+1妨害になります。

 

【バスター・ブレイダー】関連カードが引けなくても、理想的な盤面まで持っていけるのが今回のルートのポイントです。

 

考察は以上になります。

 

ではでは。