深海のアリア【海竜族をサーチ】

dandeです。

 

今回は、1月11日発売予定の ETERNITY CODE に収録される《深海のアリア》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《深海のアリア》】

 

 

f:id:dandee:20200111203802j:plain

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地から水属性モンスター1体を除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の海竜族モンスター1体を手札に加える。

 

墓地コストは必要なものの、その効果はまさに【海竜族】版・《増援》

 

f:id:dandee:20191219111902j:plain

 

対象になる【海竜族】は、総数は少ないものの、《海皇子 ネプトアビス》というパワーカードが存在する侮れない種族です。

 

効果モンスター
星1/水属性/海竜族/攻 800/守   0
「海皇子 ネプトアビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合、「海皇子 ネプトアビス」以外の自分の墓地の「海皇」モンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

先日の制限改定で、準制限カードに緩和された《深海のディーヴァ》も有力なサーチ候補でしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【各テーマにおける活用法】

 

 

【海竜族】のテーマとしては、【海皇】と【深海】ぐらいしか現状ない訳ですが、テーマのキーカードがたまたま【海竜族】だったりすることもあります。

 

例えば【リチュア】

 

dandee.hatenablog.com

 

 

儀式モンスター・儀式魔法をサーチする《シャドウ・リチュア》《ヴィジョン・リチュア》がサーチ対象になっています。

効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1200/守1000
水属性の儀式モンスターを特殊召喚する場合、このカード1枚で儀式召喚のためのリリースとして使用できる。
また、手札からこのカードを捨てて発動できる。
デッキから「リチュア」と名のついた儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 

効果モンスター
星2/水属性/海竜族/攻 700/守 500
水属性の儀式モンスターを特殊召喚する場合、このカード1枚で儀式召喚のためのリリースとして使用できる。
また、手札からこのカードを捨てて発動できる。
デッキから「リチュア」と名のついた儀式モンスター1体を手札に加える。

 

もともとサーチカードが多いテーマではありますが、《深海のアリア》の登場でさらに安定感が増しそうです。

 

 

また、個人的には【TG】も恩恵を受けると思っています。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【TG】のキーカードである《TGスクリュー・サーペント》が【海竜族】であり、そのサーチ手段を得たのは大きいです。

 

チューナー・効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「TG スクリュー・サーペント」以外の自分の墓地のレベル4以下の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

 

【水属性】の【TG】としては、他に《TGドリル・フィッシュ》がいますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

また、《TGスクリュー・サーペント》は、自身を墓地から除外する効果を持っており、《深海のアリア》の除外コストとともに、《ギョッ⁉》と相性が良いのもポイント。

 

カウンター罠
ゲームから除外されている自分の魚族・海竜族・水族モンスター1体をデッキに戻して発動する。
効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

 

【海竜族】に寄せた【TG】デッキのパワーが上がりそうですね。

 

ではでは。