メガリス・アンフォームド【デッキから儀式召喚】

dandeです。

 

今回は、《メガリス・アンフォームド》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《メガリス・アンフォームド》】

 

 

f:id:dandee:20200111124431j:plain

速攻魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、フィールドの儀式モンスターの数×500ダウンする。
●レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベルの倍になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、デッキから「メガリス」儀式モンスター1体を守備表示で儀式召喚する。

 

やはり注目すべきは、デッキから儀式召喚できる点。

 

ですが、1つ目の攻撃力ダウン効果も、《メガリス・ファレグ》のパンプアップでワンキルを仕掛ける際の補助となるため、使われる機会が多そうです。 

f:id:dandee:20200113013223j:plain

 

 

【デッキから儀式召喚

 

 

《メガリス・アンフォームド》は、《メガリス・ハギト》の効果でサーチすることができます。

 

儀式・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1300/守2600
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「メガリス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 

サーチ候補の筆頭である《メガリス・ポータル》に次ぐ存在となるでしょう。

 

f:id:dandee:20191101111601j:plain

 

《メガリス・アンフォームド》でデッキから儀式召喚する筆頭は、《メガリス・オフィエル》

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《メガリス・オフィエル》も《メガリス・ポータル》と同様にサーチ効果を持っています。

 

《メガリス・アンフォームド》の登場により、【メガリス】の初動の安定性がさらに上がったと言えますね。

 

 

《メガリス・アンフォームド》による儀式召喚は、儀式召喚するモンスターの倍のレベルのリリースが必要となります。

「元々のレベル」とは書いていないので、《メガリス・プロモーション》でまかなうこともできますが、なかなか重いコストです。

 

f:id:dandee:20191101111512j:plain

 

儀式召喚は守備表示でされ、戦闘に参加することはできないので、レベル8【メガリス】を出すことは少ないと思われます。

レベル16個分のリリースが用意できるなら、もっと強い動きができるでしょうし。

 

無理をして出すとすれば、守備表示でもワンキルに繋げられる《メガリス・ファレグ》でしょうか。

多少アド損しようが、そのターンにキルしてしまえば問題ない、の精神。

 

やはり、レベル4【メガリス】をリクルートする感覚で使うのがメインになりそうですね。

 

《メガリス・アンフォームド》は、速攻魔法なので、相手ターンにも使えます。

同じく相手ターンにも発動できる《メガリス・オク》も候補の一つでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 
 

ではでは。